FC2ブログ

2018.12 AUR 2 - フェアバンクス観光

9:00 起床

sophie station suites
ホテルの窓から見えるのはこんな景色。
今日も寒いのでしょうか。

sophie station suites
今日の朝ごはん。時間とお金の節約のためマジックライスで。

sophie station suites
結構なボリュームで、食べでがあるし、お腹にもたまります。
お湯さえあれば美味しくできるから、こういう時は本当に便利よね~。

11:00
チェックアウトの手続きして、荷物を預けて、タクシーを呼んでもらいます。

morris thompson center
行き先は、Morris Thompson Cultural & Visitor Center
 (タクシーで、$16.0-)

morris thompson center
何故ここなのか?

それは、行きたいレストランに近い暇つぶし施設だったから~ 
なんとも失礼な理由ですよね~。

ホントは、Fountainhead Antique Auto Museum に行きたかったんだけど、
方面の問題と時間の問題で却下。

いつかね。また来たときのために取っておきます。

morris thompson center
こちらの施設では、アラスカのエスキモーの文化や、
アラスカの自然に関する展示を見ることが出来ます。

morris thompson center
草むらに隠れているのは、狼でしょうか?

morris thompson center
アラスカの広大な地図。
フェアバンクスはどこら辺にあるのかわかりますか?


morris thompson center
施設の外にたつ顔出しパネル。
いや、パネルじゃなくて氷だね~。ナイスです! 

morris thompson center
施設の裏側に行くとチェナ川が見られるよ~ってタクシーの運転手さんが
教えてくれたので、寒い中、行ってみることにしました。

morris thompson center
途中に建っていたゲート、なんとムースの角で作られてます!

morris thompson center
そしてこれがチェナ川。
凍ってるのかな~?川っぽく見えない。

ここを渡って反対側に行くことは出来るのでしょうか?
怖くてそんなことチャレンジしないけどね~。


朝起きたときに、日の出かな~?って思ったのに、
そのまま太陽は上がることなく、ずぅ~っと、おんなじ感じ。

日本と違って、なんで太陽の動きがこんなに遅いのかしら?
どうしてなかなか上がってこないのかしら? って思ったけど、
よく考えたら、北極圏に近くて冬なんだから、当たり前なんだよね~。

理科とかで習ってて、知ってたはずなんだけど、体感するってこういうことね。
そういうことだと納得するまで、時間がかかっちゃったわ 



2018.12 - Sophie Station Suites

フェアバンクスで1泊したのは、Sophie Station Suites というホテル。

sophie station suites
日本からのオーロラツアーでの利用も多いホテルで、
私たちが着いたときにも、日本人家族とかがいました。

sophie station suites
3階建てて、横に長~いホテル。
敷地が大きすぎて、ホテルから出るのにまず一苦労です。

sophie station suites
外は雪景色の寒~い場所ですが、1歩ホテル内に入ると暖か。
あたしなんか、ダウン着てマフラー巻いてると汗かいちゃう! 

sophie station suites
これでもかっ!とドッチャリ飾りのついたツリー。

IMG_1643.jpg
フロント脇には、ソファスペース。

sophie station suites
ステキなサービスが、コーヒーやお湯が無料です。
身体を温めてください  て感じよね。


sophie station suites
今回私たちが泊まったのは3階のお部屋。

エレベーターを降りるとちょっとしたスペースがあって、
そこを中心に、左右に廊下が広がります。

sophie station suites
長~いホテルなので、廊下の先が果てしないほどの距離です。

sophie station suites
308号室。
これがまた、1泊しかしないなんてもったいないほどのお部屋!

sophie station suites
ドアを開けると、まずはダイニングルーム(キッチン付き)
右奥にリビングがあって、左奥がベッドルーム。

sophie station suites
他にクローゼットもあるけど、入口脇にも収納スペース。
外から帰ったとき、雪がついてる物とかを入れるのでしょう。

sophie station suites
リビングには立派なソファセットにテレビ。

sophie station suites
テレビもなんだか大画面じゃあないですか?
でも、時間がなくって、ここに座って見ることはなかったわよ。

sophie station suites
ソファから見たキッチンの様子。

sophie station suites
そして寝室。
大きなベッドなのに、2台も置いてあります。

sophie station suites
ベッドの正面にも大きなテレビ。

引き出しがついた収納が置かれていて、
長期滞在とかしてたら、こういうのって便利よね~。


sophie station suites
ベッドサイド、入口に戻る方向にバスルームがあります。

sophie station suites
洗面所とトイレが別なのはありがたいし、
大きな鏡と広い台が、とっても使いやすかった。

sophie station suites
アメニティのセット。石けんとシャンプーとボディローション。
男前な感じの色合いですが、ちゃんとラベンダーの香り 

sophie station suites
クローゼットも広いし、セイフティボックスも完備。

sophie station suites
浅めだけれどバスタブがあって、お湯を貯めても水になることなし!
これはホントに身体が温まるので、ありがたかったです 

sophie station suites
タオルのセットがまたこのタイプ。
これって、アメリカでは標準なのかな~?

sophie station suites
続いて、キッチンの方も見てみましょう。

sophie station suites
こちらもキレイに清掃されています。

sophie station suites
このオーブンの形って、なんか懐かしい物を感じない?
なんでだろうね?

sophie station suites
食器もひととおり揃ってます。スーパーで食材を買って、
ここで自炊すれば、滞在費も安く抑えられそう。

sophie station suites
それが面倒くさい方は、もちろんレストランも営業しています。

さらには、写真には撮りはぐってしまったけれど、1階に2ヶ所の
ランドリールームがあって、洗濯も乾燥も出来ちゃうのよ!
 (フロントでLaundry Token を購入します。1個 $3.0-)

なんなら、乾燥なんてしないでお部屋に干しちゃえばいいんだから、
洗濯1回 $3 なら、お安いもんよね~?


もうね~、ここで暮らしたいくらい、申し分のない居心地のいいホテル!
どこもかしこもキレイにされてるし、サイコーよ!

ホント、1泊しかしない(しかも、ホント寝るだけ)のが、もったいなかったわ~ 

もしもまたアラスカに来ることがあったなら、ここを拠点に観光に回りたい!

雪がない秋とかの季節でレンタカーとかしちゃって、
時にはツアーでヘリに乗っちゃったりとかさ。

でもって、夜はお部屋で宴会よ! 

想像しただけで、最高だわ 



2018.12 AUR 1 - フェアバンクス到着!

fairbanks ap
22:45 フェアバンクス空港に到着。
ちなみに、シアトルとは1時間の時差がありますので、ご注意のほどを。

fairbanks ap
国内線なので、搭乗ゲート前のお土産物屋さんも
見れちゃいますが、まあ、ココは帰りのお楽しみとして。

fairbanks ap
降りて行くと、バゲージ・クレーム。

もうココは外とフツーに行き来できて、「え?荷物持って行かれちゃったり
しないの~?」と、ややビックリ&不安になります。


fairbanks ap
ターンテーブルの前には、レンタカーのカウンター。
手続きをしている人も何組かいましたね。

fairbanks ap
私たちをお出迎えしてくれるのは、シロクマさん。

fairbanks ap
そして、グリズリー?
こうして見るかぎりは、可愛いよね~。

fairbanks ap
雪の中を走る車。
もしかしたらこういうのに乗るツアーとかがあるのかも?

fairbanks ap
そして最後に控えていたのが、ヘラジカ=ムースってヤツですね。
デカイ!さっきの熊よりでかくない?野生のこんなのに会ったら怖いよね~。

fairbanks ap
売店でビールを買えたら…と思ったんだけど、すでに閉店 
これ以外に、お店は見当たりません。


fairbanks ap
今日は、ここから近くのホテルへ移動して1泊します。
空港の外に出て、タクシー乗り場を探しましょう。

fairbanks ap
って、そんなに大きくない空港。
すぐそこがタクシー乗り場になっていました。

fairbanks ap
大きな車で、スーツケースも余裕で乗せられて、
8分ほどでホテルに到着。 ($12.09+TIP)

fairbanks ap
「明日、どこかに行くなら電話をくれ」って名刺をもらったけど、
車のドアには料金表が出てて、これなら安心感ありますね。

sophie station suites
今日のホテルはこちら。
ツアーとかでも使われることの多いホテルです。

ただ今の時間、23:30
日本時間で言うと、17:30

日本を出たのが 18:00 だから、ほぼ24時間ってことだわね。

ペルーに行ったときも、キューバに行ったときもそんな感じだったんだけど、
その時よりも身体が楽なのは、途中の仮眠が良かったのか?たんに慣れたのか?


fred meyer
そして、飲んだくれ日本人2人は、こんな時間にもかかわらず、
スーパーまで凍りつく街を歩いて行くのであります。

車はときどき通るけど、歩いている人なんて誰もいないよ!
でも、あたしたちは負けないよ?
だって、ビールを手に入れるためだもん! 

fred meyer
そんな勇ましい勢いでやって来たのに、衝撃の 23:00 閉店。

すごすごホテルに戻って、ホテル内を探すが、自動販売機にビールの姿はなし…。

フロントの兄ちゃんに聞いたら、こちらのバーも 22:00 までだと…。

ビ、ビールがないと盛り上がらないよ~~ 
ちくしょ~~ 


あたしね、スーツケースには必ず 1.5L の水のペットボトルを入れておくの。
ちょっとした旅の工夫ってヤツ?

こんな風に深夜に到着したときとかに、意外と手に入らないことってあるから。
水って死活問題じゃない?

でもね、今度からは、ビールも入れておくことにするわ!
ある意味、これも死活問題だわよ! 

AM 2:00
おとなしくシャワー浴びて、身体を温めてから就寝 

長~い 長~い一日でしたね。



2018.12 AUR 1 - シアトル空港にて

予定よりも30分も早く空港に来たし、19:15 の搭乗開始には
余裕があると思っていたのに、とんだ ホッカイロ騒ぎ で時間のロス。

どこかレストランでビールでも…って思ってたのにそんな時間はなくなりました。
それでもお腹は空いているので、何か食べようということになり。

seattle-tacoma ap
カフェか…。ここにあたしたちの食べたい物はなさそうだ。

seattle-tacoma ap
時間のない人には、テイクアウトで提供してるお店もいくつか。

seattle-tacoma ap
ピザ&ビールとか、いいんじゃない?と、こちらのお店に決定!

seattle-tacoma ap
ピザ2きれで $11.0-

ところが、どこを見回しても、ビールを売っているお店がありません!
仕方ないので、モソモソと ピザだけ を食べる。

美味しいんだけどさ、どこかにしつこい何かがあって、
そんなに大きいわけではないので、全部は食べきれない 


seattle-tacoma ap
搭乗口は N ゲート。例によってシャトルで移動しなくちゃ行けないので、
お店とかものぞいてみたいのに、時間がなくて我慢ガマン… 

seattle-tacoma ap
テクテク歩いて、シャトル乗り場。
案内はわかりやすいので、迷う心配はなし!

seattle-tacoma ap
18:55 Nゲートに着きました。

seattle-tacoma ap
ここにもカフェとかはあるんだけど、なぜかビールは見当たらず…。

大きな手荷物を持っているあたしたち。早く乗らないとしまう場所が
なくなってしまうかもしれないので、ここでも、ビールを断念… 

1つわかったのは、アメリカでは、カフェとかフードコートとかでは、
缶とかビンでの簡単なアルコールは売っていないってこと。

飲みたきゃレストランやバーには入れっていうシステムなのよ。

カナダも、午前中はアルコール提供してくれなかったし
多分、日本ほど、お酒にゆる~い国は少ないんでしょうね。


seattle-tacoma ap
その代わり(?) ケージにも入らずに犬がフツーに歩いていて、
酒には厳しいが、犬にはゆるい国なんだな~。


seattle-tacoma ap
ゲート前にあるマッサージコーナー。
なんかちょっといいわね~。

seattle-tacoma ap
搭乗10分前には、並んでスタンバイ!

seattle-tacoma ap
気合い入れて入って来ちゃって、(多分まだ優先搭乗の時だった)
ほぼ一番乗りの機内。

国内線だからか個人画面はなく、ソフトドリンクはくれるけど、
アルコールや食べ物は有料でした。

なんか、酒の飲めない国だなぁ… 


定刻で出発したアラスカ航空。
ここからフェアバンクスまで 4時間 の旅。

すぐそこで近いクセに5万円もかかる!って文句たれたけど、
4時間のフライトって、結構な距離だよね~。沖縄行ってもお釣りがくるし。

意外と遠いいわけで、やっぱりアメリカって広いんだわ~。



2018.12 AUR 1 - シアトル出発

BLT サンドを食べてホテルに戻って、ガッツリ仮眠 

むくんでいた足もスッキリするし、身体も軽くなった気がします。
長いトランジットの時は、こういう選択肢も有りですね~。

18:00 のホテルシャトルに乗ろうと思っていたんだけど、
起きてからの準備が意外に早くて、17:30 にホテル出発!

seattle-tacoma ap
例の駐車場脇でシャトルを降りて、エレベーターで移動。
今いるのは3階で、4階にターミナルへの通路があるんです。

seattle-tacoma ap
4階に到着。ターミナルへ向かいましょう。

seattle-tacoma ap
アラスカ航空のチェックインカウンター。
誰もいなくて、手続き開始前なのかと思ったら…?

seattle-tacoma ap
機械で自動チェックインをすることになってました。
こういうのの導入って、日本よりも早いよね~。

seattle-tacoma ap
あたくしも早速、チェックインにトライです!

ここで預け荷物の個数を聞かれて、その分の代金を
カードでお支払いしないと荷物のタグがでてこないという…。


seattle-tacoma ap
無事に手続きが出来て、プリントアウトされた搭乗券とタグ。

こんなこともあろうかと、今回のスーツケースは、
特大サイズ1つと機内持ち込みも出来るサイズの物を1つ。

あったかグッズは、かさばる物ばかりだから、結構苦労しましたさ。


seattle-tacoma ap
準備が出来たら、荷物を預けるレーンに並びます。

重量制限も厳しいみたいで、カウンターの前には、
荷物を開けて中身を取り出している方が多くいましたよ。

機内持ち込みのスーツケースをゴロゴロしながら、次はセキュリティチェック。

seattle-tacoma ap
気になったのは、この【CLEAR】というブース。
空港内のアチコチにあって、どうやらセキュリティに関係することみたいなのよね。

seattle-tacoma ap
ほら、セキュリティのレーンの1つに同じマークがあるでしょ?
何かを CLEAR した人があそこに行けるんだよ~。
ま、どうせアメリカ国民じゃないと使えないんだろうけどさ。

で、さらに不思議なのが、この5番から入ろうとしたら、
「NO!Three!」とか言っちゃって入れてくれないこと。

seattle-tacoma ap
仕方ないから言うとおりこっちに来たけどさ。
なんか、セキュリティにも格差があるみたいでヤよね~ 

な~んて思ってたら、またやっちまいましたよ!
セキュリティに捕まりましたよ~ 

手荷物のゴロゴロ転がしてたスーツケースがあるじゃない?

重量の関係で、特大スーツケースには入れられなかった物を
こちらの方に入れてたんだけどさ。

それが、X線検査で引っかかってしまったのよ~ 

さて、今回、問題になったブツとはなんでしょうか?



正解は、ホッカイロ
10個パックだから、結構な重さになるのよね~。

でもね、スーツケース開けてって言われて、試薬紙みたいのでペタペタされて、
その紙を検査機に入れて…って時は、大丈夫だとタカをくくってたのよ。

だって、別に問題品を持ってるわけじゃないからさ~。

なのに、赤いランプが付いて、
 ピーピー鳴り出しちゃったのさ
! 

「ケミカル!ケミカル!」 って騒ぎになって、どこかに連絡されて、
セキュリティのお姉さんには、これから全身のボディチェックをしますとか言われて…。

呼ばれてやって来た専門職みたいな人は、分厚いファイルを机に広げて、
ホッカイロとついでにマジックライスを並べて、資料とにらめっこ。

マジックライスの方は、すぐにご飯だとわかったみたいで、
しかもちゃんと肉とか入ってないものだったから、OK になった。

問題はホッカイロの方。

てか、知らないの?ホッカイロを?
この素晴らしき日本文化を?

難しい顔をして、カイロとファイルを比べて睨む専門職のおじさん。

と、cicak に向かって、袋を開けるジェスチャーをしました。
「開けて良いよ~」って言ったら、「いや、おまえが開けろ」と。

 そうか、開けたときに罠が仕掛けられてたら大変だもんね… 

cicak が10個パックになっている透明な袋を開け、
親切に中から取り出そうとしたら、今度は、「いや、触るな」と。

 そうか、今度は、変な細工をされたら困るもんね… 

もうね~、すっかりテロリスト扱いだよ… 


そんなやりとりを見守りつつ、お姉さんと会話をするあたし。

「これからフェアバンクス行くの~。」
「フェアバンクスって、ムチャクチャ寒いじゃ~ん?」
「だから、アレは、ポカポカするヤツなんだよ~。」  と。

お姉さん、しばし考えた後、「Hot Pack ?」

「いえ~す!いえ~す!ホットパック!
 イッツ、ポカポカ!ポカポカ!」 

ついつい、大きな声で主張してしまいましたさ。

そしたら、なんかそれで合点がいったみたいで、おじさんとお姉さんが話をして、
ホッカイロも丁寧に返してくれて、ボディチェックもなく解放されました。

ホントにマジでカイロを知らなかったのでしょうか?
ちなみに英語では、Disposable body warmer あたりが伝わりやすいようです。

え~、今後の覚えとしては、
 ① カイロは手荷物にしない方が良い
   (セキュリティを通るときは、身体にも貼らない!)
 ② どうしても手荷物なら、英語を覚えておく        でしょうかね。


seattle-tacoma ap
無事に抜けた後に、振り返って一枚 

いや~、冷や汗かいたわ~