FC2ブログ

2019.03 YAKU 4 - じゃらい亭

屋久島の宿泊場所は、ホテルよりも民宿系が多いんですね。
で、民宿系では、朝夜の食事が付いています。

縄文杉登山をするときなんかは、朝食をお弁当に振り替えてくれたりと、
民宿系のお宿では、なかなか気の利いたサービスがあります。

でもさ!1~2泊くらいならいいけど、そんなに毎日毎日、
民宿で出されるような食事なんて、食べきれないわけよ!

こちとら、夜は飲みたいのよ!

そう思って、最初の3泊は、素泊まり系のお宿を選択。
近くに美味しいお店もあって、良かったと思います。

でもさ!1泊くらいは民宿の食事も楽しんでみたいじゃない?
地元のごはん的なさ。

そう思って、この1泊は、永田にある民宿を選択。
その名も、「民宿 いなかはま」

……なのに、なのに… 

予約の行き違いで、夜ごはんはナシ!
ションボリしつつ、紹介されたお店へ行くことになりました。

inaka-hama
永田いなか浜にあるもう一軒のお宿 「送陽邸」

最初、ホントはコッチに興味があったから、「もしかして、予約コッチにした?」って思って、
わざわざ聞きに行っちゃったわよ~。でも、そんな訳なかった! (←当たり前だ!)

inaka-hama
空を覆う厚い雲。

いなか浜に泊まる目的は星空鑑賞だったんだけど、
さすがにこれは難しいかな~ 


じゃらい亭
jarai-tei
海沿いにある民宿から、集落の方に入ったところにあります。
歩いて6~7分くらいでしょうか?

jarai-tei
周りのお家も昔のまんまって感じで、
台風には強そうだけど、地震は大丈夫?って、心配しちゃう。

jarai-tei
玄関入って靴脱いで、一面座敷のお店。

jarai-tei
75歳のおばあちゃんが切り盛りしてて、
退職後に始めたお店なんだって~。

jarai-tei
メインは定食らしいんだけど、
例によって、あたしたちは飲みたい派です!

jarai-tei
最初に頼んだのは、つけあげ。地元の名物です。
さらに、おばあちゃんってば、豆腐と山菜の煮浸しをサービスで出してくれます。

どれもこれも、お袋の味!とでも言うべき素朴だけど旨い一品!
しかも、豆腐は食べてみたかった 「永田のとうふ」 ですよ!


jarai-tei
次に頼んだのは、黒豚のとんかつ
黒豚も、屋久島で育った子らしいです。

これまた、とんかつだけでなく、お野菜を揚げたものまで付いてきます。
美味しい!美味しいけどさ、いいの?こんなに?


jarai-tei
最後に頼んだのは、おばあちゃんのコロッケ
もうね、ネーミングだけで美味しいですよ! 

全体的に、メニューが揚げ物が多いんだけど、
つけ合わせに野菜が出てくるから、ありがたい!

そして、何よりのつけ合わせがおばあちゃんの話!
屋久島のことから始まって、自分の半生も語っちゃうというね。

jarai-tei
屋久島愛とお孫さん愛を感じます。

jarai-tei
せっかくなので最後、一緒に写真を撮ってもらいました。
75って言いつつ、シャキシャキしてるのよ~。

そして、あんなに食べて飲んだのに、お会計が 4.500円。
ありがたいやら、申し訳ないやら…って感じでした。



じゃらい亭からの帰り道。
行きに通ってきた道は、もう真っ暗!

街灯がほとんどないんです。
頼りになるのは、送陽邸と民宿の灯りのみ。

雲さえなければ!相当の星空が眺められたでしょうに!
残念!悔しい!

お天気関係は恵まれることが多いのに、星空には縁の薄いあたし。
これからますますの徳を積まなきゃいけないわ~。


そして、夜10時…。
送陽邸も含め、宿の灯りが消されると、ホントにマジで、漆黒の闇!

自分が本当に目を開けてるのかもわからなくなるような闇よ!

鼻をつままれてもわからないってのは、こういうのを言うのね…と実感。

ちょっとだけ、お外に出てみようと思ってたんだけど、
あまりの暗さにびびって断念しました。

都会っ子には、厳しい闇でしたわ…。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する