FC2ブログ

2018.03 Hawaii 4 - THOMAS A.JAGGAR MUSEUM

17:00 ロッジ玄関に再集合!
あたしは昼寝で元気を取り戻し、エイツは軽くシャワーを浴びたらしいです。

これから向かうのは、THOMAS A.JAGGAR MUSEUM
暗くなった時のハレマウマウクレーターを見るためです。

kilauea caldera
17:20 到着。
下の村からゲートを抜けて上がってきて、15~20分くらいでしょうか。

kilauea caldera
ハレマウマウクレーター
煙?湯気?立ち昇ってるのはよく見えます。

kilauea caldera
まだ明るくて、溶岩湖の赤みは確認出来ませんね~。

kilauea caldera
肉眼ではわからないんだけど、写真に撮ると、クレーターの上部が
うっすら明るく写るのは、噴煙とかガスとかのせいなのかな~?

展望台のところで暗くなるのを待とうと思ったのですが、
クレーターの上に雲が広がって、なんにも見えなくなっちゃいました。
 (霧の摩周湖のような景色よ)

外にいても仕方ないので、ジャガーミュージアムの中に入ってみましょう。
実は、朝来たときは、まだオープン前だったのですよね~。

kilauea caldera
ミュージアムなのに、最初に見るのはショップだったりして~。

kilauea caldera
ハワイの CD が売ってて、ちょっと欲しいと思ったり。

kilauea caldera
パネルが格好いい!!
絶対自分では撮れない写真だったりするものね~。

我が家はカードのサイズになってるタイプのものを、
エイツは、お土産も兼ねてジグソーパズルになってるものを買いました 
 (↑今度遊びに行って、ちょっと参加させてもらおう!という野望アリ  )

お買い物をしてから、ミュージアム部分をじっくりと見ていきます。

kilauea caldera
リム・オ・ペレ
Limu とは、ハワイ語で 海草 のこと。ペレの海草って意味。

流れ出た溶岩が海水に触れて泡立って、
膜のような状態になったまま冷え固まったものです。


kilauea caldera
ペレの髪の毛
溶岩が細く引き延ばされて、この様な状態になります。


見てみたかった ペレの涙 は、見当たりませんでした。

ペレの涙は、長径5~10mmほどの火山弾の一種で、
噴出した際に尾を引き、涙型となるのが名前の由来だそうですが。


kilauea caldera
資料画像?
かつてのハワイアンはこうして海を渡ったのか?

kilauea caldera
溶岩写真。
こんな噴火を見てみた~い!って思ったら…

この記事を作成してる5月4日。
まさにハワイ島でキラウェア火山が噴火したとかいうニュースが飛び込んできました

避難勧告も出てるし、地震も続いているらしい…。
住んでいる方々への被害が最小であるように祈るばかりです。


kilauea caldera
火山の女神ペレ
なんかとっても男顔… (←ヤメロ)

kilauea caldera
絶世の美女ながら、気性も荒いというまさに火山のようなお方。
古来、神さまは奉るものであり、畏怖するものであり…という典型だよね。

今現在、絶賛お怒りの噴火中のようですが、
ほどほどに気が静まっていただければ幸いです 

kilauea caldera
ミュージアムにあった記念スタンプ。
cicak が押してくれたんだけど、あべこべになってるのよね~ 


18:10
ミュージアム内で暗くなるのと雲が晴れるのを待っていたのですが、
ここに来てとうとう、雨が降り出してしまいました… 

これ以上粘っても、今日は火口は見られないだろうとあきらめて、
降りて、夕食を取ることに決めました。

残念、無念。
これまた宿題が残ってしまった形です。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する