2015.08 - NIKSOMA BOUTIQUE BEACH RESORT

niksoma
リピートしたいホテル NO.1 NIKSOMA BOUTIQUE BEACH RESORT

niksoma
ホテル前の車寄せ
屋根の三角の段々がホテルの象徴。

niksoma
ほら。こんな感じで。

niksoma
こちらはプールへの入り口。
ここを使えば、そのまま海に出ることも出来ます。

niksoma
その入り口あたりを見た感じ。
白い格子状の壁があるところにシャワーがあります。

niksoma
そしてここが魅惑のプール 
このプールに魅了されて、リピーターとなってしまうのですね~。

niksoma
ホテルのレストラン側から見たプール

niksoma
プールサイドの CABANA
でも、1段上がったところあるこの CABANA だけは、
SPA で使用するための物となってしまいました。残念 

cabana

cabana

cabana
魅惑のプール 三連ちゃん!
どうでしょう?その良さを伝えることが出来たでしょうか?

cabana
プールの隣には広いお庭。
欧米の方々なんかは、こちらで陽に当たっているのが好きそうでしたよ。

cabana
お部屋は、3階建てのホテル棟と

niksoma
2階建てのメゾネットタイプと、

niksoma
ヴィラ棟とに分けられます。

niksoma
ヴィラ棟のテラスでは、欧米の方々がくつろいでいる姿がよく見られます。

でも、普通のカテゴリーのお部屋にしか泊まったことがないので、
Junior Suite とか Suite とか Presidential Suite とかのカテゴリーの
ドレがドコになるのかはまったく見当もつきませんのよ。

誰か泊まって教えてください 

niksoma
お庭に咲いているお花
キレイで可愛いね 

niksoma
夜のレストラン

大きなホテルではないので、ダイニングは1つだけ。
朝は朝食会場になり、夜はレストランとして営業。
バリニーズダンスとブッフェの夕べが行われることもあります。


さてそれでは、お部屋の様子を見て見ましょう!
   ↓   ↓   ↓   ↓
NIKSOMA BOUTIQUE BEACH RESORT - お部屋編



スポンサーサイト

NIKSOMA BOUTIQUE BEACH RESORT - お部屋編

niksoma
こんな廊下を進んだ先にお部屋が待っています。

niksoma
今回のお部屋のカテゴリーは Superior

528号室ですが、5階ではありません。
5号棟の2階8号室ですね。

niksoma
お邪魔しま~す!
ドアを開けると左手にバスルーム 右手にクローゼット
短い通路の先にお部屋

この造りは、Deluxe でも変わりないように思います。
(広さ自体も、変わらないように感じるんですけどね)

niksoma
左手のバスルーム
シンクは、ちびっ子 jepun には高すぎるけど、これは仕方ないこと…。

niksoma
バスタブ付きなのは、とっても嬉しいポイント 
ハンドシャワーなので、使い勝手も
お湯の出も充分で、ここでシャワーのストレスは感じませんでした。

niksoma
シャンプー・コンディショナー・シャワージェル・モイスチャライザー
石けん・歯ブラシ・シャワーキャップ

niksoma
こちらクローゼット
スリッパ・ガウン・傘・セイフティボックスが入っています。

niksoma
通路の先のお部屋

niksoma
ベッドの上には、リモコンの入った箱とホテルからのお手紙

niksoma
小さいけれど、ベッドの手前にあるソファスペース
でも、テレビまで遠いいし、あんまり座ることはないんだよね~。

niksoma
ベッドの正面にあるデスクとテレビ
NHK も映るし、DVD も完備されています。
(でも、日本の DVD は再生してくれなかったの…  )

niksoma
ウェルカムフルーツ
マンゴスチンが入っているなんて珍しい!嬉しい! 

niksoma
ミニバーのセット

niksoma
入り口と反対側からベッドとソファを見たところ

niksoma
ベッドの奥から、入り口方向を見たところ

niksoma
小さいけれど、テラスあり。
でも、正面は建物の壁なので、

niksoma
テラスに出て首をうんとひねらないと、他の景色は見られません。

niksoma
イスの座り心地はよいので、ここに座ってぼ~っとするのも良いかと。

niksoma
ただし、すぐそばには通路があるので、人が行き来しますけどね。
ま、バリで人の目なんてそんなに気にしないでください! 

niksoma
お水は、一日2本フリーでつきます。
でも、お部屋係の機嫌によっては、ヤケのように山ほど置いて行かれることもあります。
これはこれで良いかと 


あたしたちのチェックアウトした次の日、ニクソマホテルでは、
70周年のパーティが行われる予定となっていました。

そのための準備がお庭でずっと行われていたんですけど、
これがまた楽しかったのよ!

というわけで、その様子を!
   ↓   ↓   ↓
NIKSOMA BOUTIQUE BEACH RESORT - パーティー準備編



NIKSOMA BOUTIQUE BEACH RESORT - パーティー準備編

NIKSOMA ホテルは、今年(もう去年の話だけど)70周年を迎えました。

そのパーティーが行われるそうで、あたしたちが泊まっている間、
お庭では、その準備が着々と進んでいたのですが……?

いや~、何事もやっぱりバリテイストだよね~。
てか、バリクオリティ?面白いったらありゃしない! 
 (↑馬鹿にしているわけではありません。そんなバリをこよなく愛しているのです)

niksoma
お庭に置いてあったデッキチェアをどけて、ペンジョールを立てていきます。

niksoma
資材搬入はお庭の道路側から。
トラックの荷台から直接運び入れています。

niksoma
作っているのは、パーティーで使う舞台です。

板で作った台を組み合わせるみたいなんだけど、
それぞれビミョ~にサイズが違うので、パズルみたいなんだよね。

っていうか、一番奥の人が設計図みたいな紙を持ってて、
一生懸命見てるみたいなんだけど、ちっとも役になってないのよ!
じゃあなんなんだよ!その紙は!って突っ込みたくなります。

niksoma
翌朝見たら、舞台セットがここまで進んでいました!
さすがです!結構働き者なんですよ!バリ人!

……と思ったら、彼らの朝一番の仕事は、この舞台を
解体する ところから始まりました

なんかねぇ~、どうも、舞台の中央後ろの窓のついた
パネルの位置が違ったみたいなのよ。
ついでに、シャンデリアのぶら下がるポールの位置も違ったみたい。

それを外して、また付けて…という作業を 2~3回 繰り返していました。
だからさぁ、その見てる紙に書いてあるんじゃないの?って思います… 

niksoma
舞台の右往左往をよそに、テーブルや頭上の準備は着々と進んでいます。

niksoma
こういう作業はやっぱり上手だなぁと感心しますね。

niksoma
さて、いよいよパーティ当日。
テーブルセッティングも進みます。

niksoma
イスには白い布だけでなく、金色の帯のようなものもつけて飾り。
こういうところも、細かいなぁと感心 感心。

niksoma
いつの間にか、入り口にも立派なペンジョールが。

niksoma
そして夜のパーティ。
と言っても、今日は前夜祭くらいの感じで、本番は明日なんだって~。

niksoma
舞台作成も間に合ったようで良かったですね~。


niksoma
結局、2回目くらいに作っていた形であっているような気が…?
あんなに一杯人が乗っちゃって、今度は強度が心配されますね  

チェックアウトの日だったので、本番のパーティーが見られなかったのが残念!
どんな華やかな感じで行われたのかしらね?


スパとジムの様子は、以前と特に変わっていなかったので、
最後は、朝ごはんの様子をお伝えします!
   ↓   ↓   ↓   ↓
NIKSOMA BOUTIQUE BEACH RESORT - 朝ごはん編


NIKSOMA BOUTIQUE BEACH RESORT - 朝ごはん編

最後は恒例のホテル朝食編。

niksoma
朝食会場は、ホテルのレストラン hitana

プールサイドで頼むランチもこちらから運んでもらうものですし、
ディナータイムには、バリニーズショーもやっています。

niksoma
2階の入り口は屋内席と、

niksoma
ブッフェの食べ物が並んでいます。
(ここは、ホットミールコーナー)

niksoma
ソフトドリンク
左から、マンゴー・グアバ・水・オレンジ
日によって、違う種類もあったような気がします。

niksoma
エッグ&パンケーキ ステーション
そんなに混んでないので、かなりお好みで作ってもらうことが出来そうです。

niksoma
サラダの隣に、去年はなかった汁麺コーナーが出来ています! 
こ、これはなんて嬉しいことでしょう  これだけで、評価が3アップだわよ!

niksoma
いつもは閉まっているフタがたまたま開いていたので撮ってみた。
左側にごはん 右側に麺 の炒め的なものがあって、日によって種類が変わる。

niksoma
フルーツとデザートなコーナー。
こんなところも、去年よりもグレードアップしているような気がします。

niksoma
シリアルとパンのコーナー。

niksoma

niksoma
階段を下りて下に下りると、庭に面したオープンな席。
やっぱりコッチの方が断然気持ちがいいですよ~! 

niksoma
左側の窓が2階の部分
写真奥の階段を下りて下のフロア
 (こうやってみると、2階と言っても中2階くらいの差ですね)

niksoma
お庭と席の様子

niksoma
向こうに海が見えますね。
もちろん、海にがぶり寄りの席を選んでいただくことも出来ますよ 

niksoma
プールサイドの海ぎわには、こんなテラス席っぽいところもあります。
去年にはなかった立派なテントが立って日よけを作ってくれるようになりました。
これなら、強烈な太陽の陽に朝からやられそうになることはなさそうかな? 

niksoma
ある日の cicak
左に点心っぽいのが乗っていますね。

niksoma
これはあたしだな。
ちょっとずつでも色々食べたいの!という欲望が見えます。

niksoma
汁麺コーナーから、バクソ!(鶏団子)
これ好きなのよ~ 

niksoma
またとある日の二人分。
フルーツコーナーからマンゴスチンをゲットしてきてます 


niksoma
ある日の cicak
点心コーナーに肉まんがあったのかな?

niksoma
温野菜があるから嬉しくなっちゃった jepun
豚のベーコンが、肉厚で旨旨なのよね~ 

niksoma
右側、cicak がオムレツからサンドイッチを作ろうとしているようです。
手前は jepun の汁麺コーナーから。

niksoma
カレースープが出た日もあったみたいですね。
手前のミーゴレンもなかなか美味しかったですよ。

niksoma
最後はやっぱり、汁麺コーナーから。
もうね~、汁麺があったらそれで満足しちゃう子なのかもしれないよ… 

全体的に、去年よりも品数や日替わりの種類が増えているような気がします。

建物や設備自体はそうそう変えられないから、
こういったところでサービスの向上を図っているのかもしれませんね~。

来年のリピート?
ん~、しちゃいますね。きっと! 



2016.08 - NIKSOMA BOUTIQUE BEACH RESORT

とうとう4回目のリピートとなりました。

NIKSOMA BOUTIQUE BEACH RESORT
niksoma
ホテルの正面は、ビーチ側にあります。

niksoma
フロントを見て、左手側がダイニングレストラン。

niksoma
そこから見える景色は、当然 海! 
これはもう、オンザビーチのホテルと言ってもいいんじゃないですかね~?

niksoma
ただ、ホテルへのアクセスは、JL.Padma Utara から、
2つのホテル(OSSOTELとbandha)の間を抜けて行かなくてはいけません。

でも、この看板の付き方を見ると、NIKSOMA と bandah って、
もしかしたら姉妹ホテルとかなのかも知れないですね~。

niksoma
フロントでは、木靴を履いたアヒルちゃんたちもウェルカムしてくれます 

niksoma
フロントの隣にはダイニングレストラン。
その向こうに見えるのが、魅惑のプールです。

niksoma
フロントからお部屋棟へ向かう廊下に飾られてる絵画。
有名なヤツだよね~?わりと好きなんだ 

niksoma
私たちはホテル棟泊なので、お庭を通るのはプールやビーチに
行くときくらいだけど、いつか泊まってみたいコテージ棟。

niksoma
フロントでもウェルカムドリンクをもらったのに、
お部屋に入ると、改めて冷たい飲み物を持って来てくれます。


4回目で、新鮮な驚きはないけど、とりあえず!
   ↓    ↓    ↓    ↓
NIKSOMA BOUTIQUE BEACH RESORT - お部屋編