2017.03 Bali 4 - ALILA SPA

ギリギリの時間まで、がっつり  プールサイドライフを楽しんで、
16:00 目指す場所は…

ALILA SPA
alila spa
白い壁の真ん中奥が入口ね。

alila spa
外から見ると、ガラスドアが真っ暗でなんにも見えないのに、
中からだと、こんなにハッキリくっきり外が見通せるんですね~。

スパの入口で、ウロウロ行ったり来たりしていた自分たちが、
中のスタッフから丸見えだったと知って、恥ずかしかったわ~ 

alila spa
スパの受付
問診等の記入は、手前のソファ席で。

alila spa
爽やか いらっしゃいませセット

alila spa

alila spa
スパのプロダクトも売ってます。
つい買いたくなることもありますが、我慢ガマン… 

alila spa
受付の反対側に、小さな入口があって、
覗いてみたらフットマッサージのコーナー。

alila spa
私たちはボディのマッサージなので、奥のお部屋に通されます。

alila spa
こちらのお部屋のようです。

alila spa
すごい広々とした贅沢なお部屋 

alila spa
ソファとフットバスもなんだかリラックスできそうな素敵感 

alila spa
お洋服や荷物はこちらに。
鍵付きロッカーじゃないけど、不安はないわ!

alila spa
実際に私たち客が使うことはあまりないだろうに、
シンクもお洒落すぎまする~~ 

alila spa
洋服を着替えたら、よろしくお願いします。


Balinese Massage  60分  Rp 786.500- (¥7.079-)

最近の自分バリ価格では、かなりお高いお値段。
でもね、やっぱりホテルスパはいいわ~ 

一瞬でセレブ気分だし、丁寧で気の利くマッサージはサイコー!
たまにはこんな贅沢もいいわよね~ 


alila spa
マッサージ終了後は、温かいお茶。
このホテルは、鉄瓶を愛用してるんですね~。




スポンサーサイト

2012.07 18th 渡バリ - TELISYA Spa

TELISYA Spa
telisha spa

JL.Petitenget には、激安町スパがたくさんあります。
前を通りかかると、スタッフのお姉さんたちに手招きもされます。

その中で、気に入った一店です 

スタッフは、女性4人と、男性1~2人。
女性は、せっせとお客さんを呼んではマッサージをしていますが、
男性は何をしているのかよくわかりません。

2人でず~っと話をしていたり、パソコンを見て笑ってたり、
かと思うと、突然どっか行っちゃったり…。

telisha spa

ヴィラから JL.Petitenget に出て、一番近くにあったのと、
人の出入りが多かったのとで入ってみたのですが、
いや~、お姉さんたちの腕前に惚れました~ 

施術中、隣のお姉さん同士で会話をしたりもするんだけど、
その間も手を休めることなく、つぼを押し続けます。プロフェッショナルだね~!

telisha spa
黄色いカーテンの向こうが個室。
角材とベニヤで作られています。手作りですね?

粗末な マッサージ用ベッドが置いてあって、
マッサージのためにお姉さんが入ったら、もうパンパンです。

お姉さんがベッドの反対側に移動しなきゃいけない時は、
寝ているあたしごと、ベッドをガ~~っと動かされちゃいます。

途中、働かないお兄さんに、カーテンを開けられてしまったようですが、
うつぶせでいるのでよくわかりませんし、どうしようもありませんよね~。 

お姉さんが笑いながら、「ダメよ~、開けちゃ~」みたいなことを言ってましたが。

cicak が個室の外のマッサージ用イスに座っていたはずなのに、注意もなく…。
寝てたな。ヤツは。 

Full Body Massage 60分で Rp60.000-
Foot & Back Massage 60分も RP60.000-


telisha spa
個室のこっち側がフットマッサージ用のイス。
Foot Reflexology も、同じく60分で Rp60.000- なり。

telisha spa
スペシャルなセットメニューもしっかりあります。


telisha spa
ヴィラ滞在中、毎日かよってしまいました。
最後はちょっと仲良くなって、一緒に写真を撮ってくれました!


いや~、ホント気持ちよかった!

サービスとか豪華さとかキレイさとか優雅さとか、全く無縁なお店ですが、
 (いやむしろ、カーテン開けちゃうとか失礼な店ですが)
なんかそれでも、許せるというか、また来たくなる店なんですよね。

見ていると、リピーターさんも多かったみたいです。


jepun 評価は、☆☆☆☆.★ 星4.5!


2012.07 18th 渡バリ - The Kunja Spa

Kunja の宿泊は、3泊キャンペーンを利用しました。
どんなキャンペーンかというと、3泊すると120分のスパトリートメントがつくというもの。

というわけで、スパを利用させていただきました!


当初は、お部屋でスパを受けさせていただく予定でいました。

ところが、マッサージ用の簡易ベッドに不具合が生じたらしく、
「申し訳ないが、スパの施設でお願いしたい」と言われ、スパまで行くことに。

私たちが泊まっているヴィラは、Kunja の敷地の一番奥。
スパの施設があるのは、フロントの隣。

歩いても良かったのですが、
「カートで迎えに行くから、待っていて欲しい」とのこと。

が、待ってても来ない…。

どうしたのかな~?なんて言っていたら、なにやらバイクのエンジン音が?

なんと、2台のバイクでお出迎え。
え~と…、カートはどうしちゃったんでしょうか?

cicak と jepun と、それぞれバイクの後ろに乗せられ、
フロントまでのミニミニツーリング!

笑っちゃいますね~。
どう見ても、スタッフの個人持ちのバイクだし。

フロントに着くと、その横のドアからスパへ案内されました。

個室がいくつかあるようです。

kunja spa
個室に入ると、ベッドが2台並んでいます。

kunja spa
ホテルスパにもかかわらず、なんだかシンプルな造り。

kunja spa
装飾らしい装飾といえば、鏡とこんな置物だけ。

ん~?ホテルスパの括りでいいのかしら?
内装だけ見たら、町スパレベルとも言えるかも…。

90分のボディブリスというマッサージは気持ちよかったし、丁寧だったから、
〈街スパ〉の括りには入れてもいいかな?

 ※jepun の勝手カテゴリーでは、
   ホテルスパ:最高ランクの技術と雰囲気と値段
   街スパ:日本からの予約も出来る安心価格と技術のスパ
   町スパ:道を歩けばあるようなスパ
        お値段は格安!
        技術は意外と高い! が、当たり外れも容赦なし

120分のスパトリートメントのハズなのに、なぜに90分のマッサージなのか?

それは、マッサージの後ヴィラに戻ると、
フラワーバスが用意されているからなのです。

だから本当は、お部屋でマッサージをするべきだったんだよね~。

ってか、日本でこれをやられたら、かなりむかつくんじゃないかと思う…。
だって、サービスがなんか中途半端じゃない?
洋服を着たり脱いだり面倒くさいし。

けれど、なぜかバリだと許せてしまう。
さらにむしろ、それが楽しかったりもして。
「バリらしいよね~」なんて言ってね。

スパそれ自体の評価としては、☆☆☆ 星3つ! と下がってはしまいますが…。




日本に帰ってきてから調べたところ、STUDIO 5 の支店にあたるようです。
勝手カテゴリーで〈街スパ〉だと感じたのは、なかなかいい勘でしたね。

技術はあるけど、また行くか?と聞かれたら、難しいかなぁ。
ホテル内にあると、やっぱりその他の内装とかサービスとかをも期待したくなるし。