CEBU WHITE SANDS Resort and Spa - SPA 編

Anahata Spa
cebu white sands
私たちの泊まった Courtyard Wing にあるスパ

cebu white sands
とりあえず、このイスが可愛すぎる~ 
座ってどうしたらいいのかわからないけど、好き~!

cebu white sands
そんな素敵イスの横にあるのが、スパの受付。

cebu white sands
受付の前を通って、左の通路がスパ。
まっすぐ行った右手が私たちのお部屋。

このスパの受付なんですが、たいてい無人で、なのに、
予約の電話がここで朝早くに延々と鳴ってることがあって、
ガチャギリのために、部屋を飛び出したくなりましたよ 

cebu white sands
受付の前に設けられた待合スペース

cebu white sands
スパグッズが並べられていて、可愛くて、
つい欲しくなってしまう気持ちを持て余すあたし… 

cebu white sands
あちらの奥にスパルームがあるようですね。

cebu white sands
お部屋の出入りをするたびに、こんなステキなポスターを見て、
ちょっとマッサージしてもらっちゃおっかな~なんて思ったりもしたのですが、
1時間のマッサージで、PHP 1830.0-

宿泊者特典とかの割引もなし と思うと、ちょっと手が出ませんでした…。
MDS スパを予約してなかったらまた別だったと思うけどね~。

きっと、素敵なホテルスパなんでしょうから、
どなたかチャレンジされた暁には、口コミで様子を教えてくださいね~。




これで、2016.03 の CEBU - MACTAN 紀行はおしまい。
さて、次はどこへ行こうかな?



スポンサーサイト

CEBU WHITE SANDS Resort and Spa - 朝食編

Patio Gavino
cebu white sands
朝食レストラン会場
私たちは利用しなかったけど、夜にライブとかもやっているメインレストランです。

cebu white sands
オープンエアなので、朝日がまぶしいです! 

cebu white sands
品数は、ハッキリ言ってあまり多くはありません。

cebu white sands
エッグ&パンケーキコーナーがあるのが、頑張ってるな~ってくらいかな?

cebu white sands
ジュースとシリアルとちょっとした果物。

cebu white sands
日替わりのカレーと麺と

cebu white sands
お粥があたしの拠り所でした。

cebu white sands
まあそれでも、これくらいの朝食にすることは出来るので、
贅沢言わなければ過ごすことは出来ると思います。

あんまり連泊だと、飽きるしつまんないよね~とは思うけど。

cebu white sands
でも、テラス風の席に座れば風が抜けて気持ちいいし、

cebu white sands
プールを見ながらの朝食も楽しめるので、環境はサイコーにいいと思いますよ。


最後は、利用しなかったけど、スパのお話を。
    ↓    ↓    ↓    ↓
CEBU WHITE SANDS Resort and Spa - SPA 編




CEBU WHITE SANDS Resort and Spa - お部屋編 Ⅱ

cebu white sands
Courtyard Wing の131 号室があたしと cicak
お隣の132 号室がエイツ

今回、特にお願いしたわけではありませんでしたが、
コネクティングルームにしてくれたようです。

cebu white sands
ドアを入ると、右手側がバスルームで、短い廊下の先がお部屋といういつもの造り。
写真左に写っているのが、コネクティングのためのドア。

cebu white sands
お互いの鍵を開けてみると、こんな感じ。

cebu white sands
ツインルームなのか、ファミリールームなのか。
小さなシングルベッドとダブルベッドが置いてありました。

cebu white sands
ベッドの正面には大きな机とテレビ・鏡。

cebu white sands
小さいながらもテーブルが置いてあったので、
宴会の時には大いに役立ちました。

cebu white sands
ベッドに合わせて3人分の枕が置いてあったので、
自分の好みに合う枕を選ぶことが出来ました 
 (そういえば、最初だけだけど、タオルも3セットあったなぁ~)

cebu white sands
窓際から見た全体図はこんな感じ。

cebu white sands
クローゼットがバスルームの正面ではなく、ベッドの横にあります。

cebu white sands
クローゼットが大きくいいんだけど、ベッドを回り込まないといけないのがちょっと面倒。
セイフティボックスもスリッパもないので、がらんどうな感じ。

cebu white sands
ミニバーコーナー

cebu white sands
小さなミネラルウォーターは、1日2本がフリーで配給。

cebu white sands
バスルームは、開けると正面にシンク。
左手奥にトイレ。

cebu white sands
右手側にあるのがシャワーブースとバスタブ。
このレベルのホテルでバスタブまであるのって嬉しいですね。

cebu white sands
シャワーもハンドなので、使い勝手は良し!
ただ、シャワーをかけるフックが高いところにありすぎ!
つま先立ちでやっとかけられる感じだったんだからね! 

cebu white sands
トレイ脇の鏡の並びにアメニティグッズ
ドライヤーあり & 風量も問題なし

cebu white sands
シャンプー リンス バスジェル ボディローション 石けん 歯ブラシ
必要な物は一通り揃ってますよね~。

cebu white sands
お部屋の窓から見えるプール。

プールビューではあるんだけど、テラスがあるわけではないので、
景観として特筆すべきとは感じませんでした。


お部屋全体の感想としては、可もなく不可もなく。
でも、汚い!とか臭い!とかっていう不可がなければそれでいいのかな。

お値段相応なのだと思うし、お部屋でももっとリゾートしたかったら、
それなりのお支払いが必要ってことだからね。

でも、ホテルは寝るだけ!っていうタイプよりはワンランク上かな?



ホテルで欠かせない朝食の様子はいかがでしょう?
    ↓    ↓    ↓    ↓
CEBU WHITE SANDS Resort and Spa - 朝食編



CEBU WHITE SANDS Resort and Spa - お部屋編 Ⅰ

レセプションの近くにあるのは、新しくできた Mabuhay Wing と プール。

その他に、プールを挟んだところに Heritage Wing
さらにその奥に、Courtyard Wing と2つの棟があります。

cebu white sands
レセプションから右の方に出ると、お庭を縦断する小道。
分岐点には、左に Heritage Wing 右に Courtyard Wing の表示。

cebu white sands
Heritage Wing は、2階建て

口コミを見ると、趣のある造りだけど、水回りなどの古さが目立つらしい。
でも、お部屋のテラスからプールが見えそうだし、雰囲気はいいんじゃないかな?

cebu white sands
右の道を進むと、四阿。
ここでヨガのレッスンとかをしていました。
木陰で気持ちよさそうですよね。

cebu white sands
庭に置いてある馬車。
結婚式とかのイベントで使うのかな? ちょっと可愛い 

cebu white sands
小道を先に進むと現れるのが Courtyard Wing

cebu white sands
右手側にもう1つのプール

cebu white sands
プール奥の浅くなっている部分に置かれているデッキチェア

最初見たときにはなんで~?って思ったけど、
寝てみると、これが案外冷たくて気持ちよいのだ 

cebu white sands
Courtyard Wing には、スパも入っています。

cebu white sands
そのせいでしょうか、中庭風な造りになっていて、
そこには鯉の泳ぐ池が作られています。

cebu white sands
陽を浴びて、中にいるのに外!という不思議な感じです。

cebu white sands
この池を囲んだお部屋はどうやらファミリールームのようでした。


私たちのお部屋は、この池を囲んだところではなく、右側の棟。
 (写真正面に見えていた部分)
   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
CEBU WHITE SANDS Resort and Spa - お部屋編 Ⅱ



2016.03 CEBU WHITE SANDS Resort and Spa

cebu white sands

フィリピン セブ島でお世話になったホテル
CEBU WHITE SANDS Resort and Spa
    Maribago Beach, Mactan Island 6015 Philippines

ホテル選びの条件は、プール!

エイツが1人泊になるので、安い方がいいのはわかってるし、
そういうビジネス系のホテルも結構数多くあるんだけど、
リゾートをしに行きたいわけで、それにはやっぱりプールは欠かせないわけで…。

そうなると、セブ島には沢山のリゾートホテルがあって、
選び放題ではあるんだけど、あんまり大箱は好きでなくて、
「お子さまも楽しめる」みたいなキャッチのところは勘弁だし、
「リゾート!豪華!」だと、今度は金額的に問題が生じるし…。

cebu white sands

そんな中、希望にぴったりなホテルだったのがここ!

新しい棟が出来て、多少大きめにはなったけど、大箱ではない。
海が見えるプールの他に、なんと、もう1つプールがある。
おまけにオン・ザ・ビーチ!
口コミの評判も良く、立地も良さげだったしね~。


cebu white sands
ホテル入口はこんな感じ。

ホテルの周りはスラム街という口コミもあって、
確かにホテルを一歩出ると雑然とした印象を受けるけど、
入口には警備員さんもいるし、昼間の町歩きは問題ないと思います。

cebu white sands
ホテル入口から駐車場&お庭を進んだ先にレセプションがあります。
ですので、ホテルの外の喧噪とかは全く感じません。

cebu white sands
レセプションの奥にそびえるのが、新しくできたという Mabuhay Wing
私たちが日参したルーフトップバー ROOM 801 はこの棟の屋上に。

cebu white sands
華美な装飾はないけど、天井の高いフロントは開放感がありますね。

cebu white sands
フロントの向こう側にあるのがメインレストラン。
朝ごはんはこちらでいただきます。

cebu white sands
レストランを抜けた先がメインプール。

cebu white sands
プールの脇を通って、反対側から撮るとこんな感じ。
Mabuhay Wing に泊まると、プールビューとシティビューとに分かれそうですね。

cebu white sands
そして、プールの先から階段を数段下りると、ビーチです。

とは言っても、そのまま飛び込んで、泳ぎたくなるような
キレイさではありませんので、過度な期待は禁物です 

cebu white sands
それでも、脇にはビーチハウスのような建物があり、

Buenavista Restaurant
cebu white sands
レストランも営業中。

cebu white sands
バーベキューがメインだけど、スポーツバーでもあるのよ!って
ホテルのホームページには書いてあります。

昼間に撮った写真なので、ホントにやってるの?って感じに仕上がりましたが、
夜に行くと、もっとムーディーな雰囲気なのかもしれません。

cebu white sands
ビーチハウスとレストランの並びには、更衣室兼トイレの建物も。
海から帰ってきて、こちらで着替えとかも出来るのかもしれません。

cebu white sands
過度な期待の出来ない海ではありますが、バナナボートや
ジェットスキーが浮かんでいたりして、遊ぶための準備は出来ています。

cebu white sands
交渉しだいで、こんなちっさいバンカーボートも楽しめそうだし、
海を楽しんでいる人の姿も見られます。

また、ここからスキューバダイビングに行くこともあるのか、
プールで練習をしているグループを見かけることもありました。

全体的にアットホームな雰囲気のホテルで、
スタッフも適度な笑顔と人なつっこさで対応してくれました。

ただ1つだけ。
私たちが懸念に思ったこと。

それを言わせて。

cebu white sands
フロントにあるセイフティボックス。

お部屋にはないので、貴重品はこちらにねっ  って言うんだけど、
フロントカウンターのちょっと奥、手を伸ばしたら
届きそうなところにむき出しで置いてあるんです。

中の引き出しごと1つなくなっても、OH!NO!とかって
終わりにされそうな、イヤな予感しかしないのはあたしだけ?



次は!
  →  →  CEBU WHITE SANDS Resort and Spa - お部屋編