2014.08 Bali 10 - Kecak & Fire Dance

16:30 に クルタ・ゴサ のある スマラプラ宮殿 を出発して、
18:05 に、Batu Buran に到着!

ここで、18:30より始まるケチャの公演を鑑賞します。

sahadewa kecak
まず、チケットを購入。
お一人さま Rp100.000- です。

sahadewa kecak
チケットをもぎって中に入ると、キレイなお姉さんがお出迎え。
各団体ごと、一緒に記念撮影をしてくれます。

sahadewa kecak
あら?こちらのお姉さんは、お疲れ休み中?
バックのバロンちゃんが可愛いのに、残念です。

sahadewa kecak
席は階段状になっているので、後ろの方でも、それなりに見えると思います。
私たちは、5列目くらいの真ん中をゲット!開始を待ちます。

sahadewa kecak
辺りが暗くなり、いよいよ時間が近づいてきたようです。
この頃、バタバタと到着するお客さんも多くいましたね~。

sahadewa kecak
ケチャ集団の登場です!

sahadewa kecak
sahadewa kecak
入口で、チケットと一緒にこんな説明のビラもくれるので、
始まる前に確認しておくと、何となく筋が読めるので良いかと思います。

sahadewa kecak
う~とか、あ~とか、体を揺すりながら、トランス状態に…?

sahadewa kecak
王子と姫が登場!

sahadewa kecak
姫が腰に巻いたひもを使って怪しくダンス!

sahadewa kecak
可愛い黄金の鹿が登場!
この鹿の子の動きが本当に可愛くて良かった!
この子をずっと見ていたいと思ったくらいだよ。

sahadewa kecak
しかし、残念なことに鹿は退場し、大王が変わりに登場!

sahadewa kecak
が、このおっさんもいい味を出していて、あたし的には好きになった。

sahadewa kecak
大王とケチャチームが一緒になってうお~って感じ。

sahadewa kecak
ガッカリなのが、ハノマン。
なぜに白い着ぐるみ的な?しかも、ややポッチャリだし…。

sahadewa kecak

sahadewa kecak

sahadewa kecak
今度は、赤い猿が登場!

sahadewa kecak
最後は、赤い猿と大王の闘い。
ケチャケチャの声が最高潮に響きます。

あれ?そういえば、ガルーダがいない?
そう思って写真を見返してみたら…
sahadewa kecak
かろうじて1枚だけ、写っていました。
ガルーダってば、動きが速いうえに、ちょっとしかいなかったのよね~。

sahadewa kecak
世界に平和が訪れたところで、次は、サンヒャン・ドゥダリダンス

sahadewa kecak
運ばれてきて、定位置に置かれたところから始まります。

sahadewa kecak

sahadewa kecak
2人の息がピッタリ合っているかといえば、そんなコトもないのですが、
でも、愛らしいじゃあないですか!可愛いですよ!

気分はもう、孫の学芸会を見るおばあちゃん状態ですよ~ 

sahadewa kecak
そして最後は、ファイヤーダンス

sahadewa kecak
馬に乗った勇ましいお兄さんが炎の上で踊ります。

sahadewa kecak

sahadewa kecak
踊るというか、足で消しているというか…。
でも、本当に熱くないんですかね?火傷しないのかなぁ?

sahadewa kecak
そして、僧侶に聖水をかけてもらってトランス状態から目覚めたら、ショーは終了。

sahadewa kecak
出演者が集まって、カーテンコールですね。

この後は、舞台上で記念撮影とかも出来て、お客さん達が並んでいたのですが、
お腹が空いた私たち4人は、出演者に目もくれず、とっとと会場を後にしたのでした~ 

全体の感想?
う~ん、1回でいいかな?

どこの公演でも、観光客用なのは変わらないと思うんだけど、
なんかね~、ここのは迫力に欠ける感じがするのよね。
全体的に年寄りが多いみたいだし。

こうなると、100人ケチャとかいうウルワツのケチャを
見るべきなのか?とか思っちゃいますね~。



スポンサーサイト

2014.08 Bali 10 - スマラプラ宮殿

バリクツアーズのカーチャーターをしている今日。

せっかく東部まで来ていますし、ならではの観光もしたいと思います。

クルンクンにある スマラプラ宮殿 Puri Semarapura
puri semarapura
16世紀以降バリ島を支配していたゲルゲル王朝時代の貴重な文化遺産らしいです。

チケット売り場には、 Kertha Gosa と書いてありますが、
中にある建物の1つ 旧・最高裁判所 がクルタ・ゴサです。

puri semarapura
入場料は、Rp12.000-/per   駐車場代が Rp2.000-/台
中に入る際には、お約束の巻物をしなければなりません。

puri semarapura

puri semarapura
ニョンニョンさんが、全員に手早くサロンを巻き付けてくれます。
ちなみに、こちらのサロンは、無料で貸してくれますので安心です 

puri semarapura
門をくぐってすぐのところにあるのが、バレ・カンバン Bale Kambang
王家の人々が休憩場所にしていた建物を1940年代に復元したらしいです。

puri semarapura
〈池に浮かぶように作られている〉というのがポイントなのに、
その素敵さが、写真にまったく撮されていません 

puri semarapura
そしてこちらが クルタ・ゴサ Kertha Gosa

puri semarapura
石の階段を上がって入ります。

puri semarapura
階段は、龍の彫り物が守っているみたいです。

puri semarapura
裁判所内のイス。
ここに座って、刑の内容を相談したのかしら?

puri semarapura
裁判所の天井には、絵がビッシリ。
この地に古くから伝わる「カマサンスタイル」という絵画技法なんですって~。

puri semarapura
絵の内容は、人間がやる悪いこと百選!みたいな感じ。

puri semarapura
さらに、こんな罰を受けるよ的な絵もあったりして、
道徳教育に役立つのかもしれませんね~。

puri semarapura
敷地内の隅にある門。
昔は、あの門を通って、王宮の奥へ行くようになっていたらしいです。
つまり、王族しか通ることの出来ない門ですね。

puri semarapura
門の手前の地面が、格子柄になっているのが可愛くないですかぁ?

puri semarapura
敷地の一番奥には、歴史博物館みたいなところがあります。

puri semarapura

puri semarapura
由緒正しいものなんでしょうか?

puri semarapura
こちらは、海水から塩をつくるための道具。
社会科見学に来た気分です。

puri semarapura
博物館の外側に、ガムランが置いてあり、皆さん自由に触ることが出来ます。
といっても、竹で出来たものは特に、ティンクリックというらしいですが…。
ニョンニョンさんが、大きな竹を使うジェゴグについて説明をしてくれてるところです。

puri semarapura
ウメチが雰囲気を出して座っています。

博物館内には、他にも絵や文書のようなものが展示されているので、
歴史が好きな人とか、バリ文化に触れたい人なんか、いいんじゃないですか?

puri semarapura
博物館から出たところ、門を背景に記念撮影 

一通り回ってみたところで、次の予定時間もありますので、そろそろ出発です。

puri semarapura
Puri Semarapura の交差点には、大きな像。
何だかカッコいいですね。



2014.08 Bali 10 - 葬礼に出会う

SURYA SHANTI VILLAS を後にし、村を走っていたら、お葬式に出会いました。

いつもなら、車の中から見て終わりにしていました。
なんとなくさぁ、お葬式って故人とその周りの人のものじゃない?

もしも日本で、葬式風景が珍しいからって、我が家の葬式を
外人さんが見て、写真を撮ったりしてたらイヤだなぁと思うし。

でも、ニョンニョンさんが、「見たいですか?」って聞いてくれて、
「いいのかなぁ?」って言ったら、「いいんですよ~」って答えてくれて、
車をバックして停めてくれたから、じっくり見ることが出来ちゃいました。

ngaben
右手奥に、火葬の火が見えます。

ngaben
皆さん傘を持っているのは、儀式のしきたりなわけではなく、
単に陽が暑いからだそうです 

ngaben
手前の白い布がひるがえってるトコが祭壇?的な?

ngaben
火の管理は男の人の仕事みたい。

cicak がしきりと、あんな火でちゃんと荼毘にふせるのか?と気にしている。
葬礼を見て、気になるポイントはそこなの~?と話していたら、
ニョンニョンさんが、ちゃんと答えてくれました。
油をかけているから大丈夫なんだそうです。
(そりゃ、そうだよね~。)

ngaben
儀式をしている横には、大きな木が。
この木がポイントなのかしら?なんて、勝手に想像したりして…。

ngaben
木の下には、お坊さん(?)がいて、何やらしていました。

ngaben
ふり返ると、大きく広がる景色。

ngaben
海と山だけでない、バリのまた違う姿に触れることが出来ました。



2012.07 18th 渡バリ - WAYANG KURIT

夕食をすませたら、今日のメインイベントに向かいましょう!

wayang kurit
JL.Raya Ubud に出て、東へ。
昼間訪れた Oka Kartini へ向かいます。

wayang kurit
SHADOW PUPPET PLAY  まさに〈影絵〉なんですね~。

wayang kurit
Rp75.000-
ホントは、1割引をねらって、APA? で買いたかったんですけどね~。

wayang kurit
昼間見たスクリーンの向こうに、「灯」が用意されています。

wayang kurit
裏から覗くとこんな感じで、ホントの「炎」ですよ!!

wayang kurit
部屋の照明が消されて、いよいよスタートです。

演目は 「生け贄になったビマ」

wayang kurit
と~っても、幻想的な感じです。

wayang kurit
フラッシュを焚くと、白っちゃけちゃうし、他の皆さんに迷惑だし、
なかなか撮影が難しいです。


wayang kurit

wayang kurit

残念なことに、全編英語での公演で、ストーリーはよくわかりませんでした。

ちゃんと日本語でプリントアウトしたストーリーももらってはいるのですが、
今、どこのシーンをやっているのかがわかりませんからね~。

そして多分、途中、狂言回し的な登場人物も出てきて、なんか言うんだけど、
それがもうよくわからないし…。

音楽と動きと、その幻想性を見つめるしかない1時間とちょっと。
エイツ 隣の方は、ちょっと寝ちゃってたりもして… 

wayang kurit
アップで撮ると、とっても細かく作られていることがよくわかります。
影絵なのに、この人形には、色もつけられていたりするんですよね。

なかなか面白かったです。
ただ、ホントに、英語力がもっとあれば…  というのは、
今さらしょうがないことですが…。


9時すぎには公演も終わり、外ももう真っ暗。
お願いしておいたホテルカーに拾われ、ホテルまで。

お部屋でもう1杯飲んでから、就寝です。 


2012.07 18th 渡バリ - お祭りに遭遇

夜ごはんを食べに行こうと、JL.Raya Seminyak を歩いていたら、
何やら車止めを置いて、道路を封鎖しようとしている方々が。
jl.raya seminyak

さらには、きちんと正装をして、どこかに向かう親子。
jl.raya seminyak
この女の子たちの可愛さっていったら! 


「どこかでお祭りか何かがあるんだねぇ」なんて歩いていったその先に、
jl.raya seminyak
皆さんが集合していました~ 

jl.raya seminyak
お供え物も満載ですね~。

jl.raya seminyak
聖水みたいなものでしょうか?
手のひらで受けて、舐めたり自分にかけたりしていました。

jl.raya seminyak
イブたちはやっぱり真剣ですね。

jl.raya seminyak
子どもたちは、水をかけられて楽しそうですね~。

jl.raya seminyak
何故か露店が出ています。


しばらく見ていましたが、聖水をかけて回っているくらいで、特に動きはなし。
この後何があるんでしょうか?

飽きたし、お腹が空いたので、お店に行っちゃいました。
帰り道では、もう何もしていませんでした。