FC2ブログ

2014.08 - Alaya Ubud

ウブドでお世話になりました。

Alaya Ubud - Stylish Boutique Resort
alaya ubud

alaya ubud
フロントには、いつで笑顔が素敵なイケメンのお兄さんがいます。
日本語が話せる人は、ほとんどいません。

alaya ubud
フロントあたりから外を見た感じ。
そんなに広いわけではないけれど、オープンで気持ちの良い風を感じます。

alaya ubud
こちらのソファで、ウェルカムドリンクをいただきました。
お迎えのガイドさんとの待ち合わせも、こちらでどうぞ。

alaya ubud
ソファの横から、レストランへの入口。
この日は、ディナー時に生演奏が入るようで、看板が出されています。

alaya ubud
レストラン横の廊下には、笠のオブジェと鏡の飾り。

alaya ubud
ホテルの廊下
竹を多用しているとは聞いていましたが、まさかこんなに! 

外の通りから、フロントに入って、奥に奥にウナギの寝床のような造りのホテル。
縦に2棟の建物がつながっています。

alaya ubud
ちょうど2棟のつなぎの部分。

alaya ubud
つなぎの部分の階段を下りると、お庭に出ることが出来ます。

alaya ubud
お庭といっても、建物と隣の敷地との間の細い通路なんですけどね。

alaya ubud
でも、隣の敷地が田んぼ!
よくあるホテルのように、敷地との間に塀がないので、圧迫感なし!
というか、見事な借景だと思います。

alaya ubud
ほら、こうやって見ると、田んぼも私の庭って感じでしょう?

alaya ubud
ただ、1階のお部屋だと、お庭からそのまま出入りできるようになっているので、
セキュリティ的に不安を感じる方は、2階をリクエストした方が良いのかもしれません。

alaya ubud
田んぼの風景にも合うように、竹!なのかなぁ?

alaya ubud
夜の廊下はちょっと暗い感じですが、素敵です。

alaya ubud
外の池の周りは、ろうそくの灯り。

alaya ubud
フト上を見上げると、ゲッコーちゃん。
ヤモリですから、お部屋を守ってくださいね 


さて、では、いよいよお部屋の中に入りましょう!
     ↓  ↓  ↓  ↓
    Alaya Ubud - お部屋編



スポンサーサイト

Alaya Ubud - お部屋編

alaya ubud
お部屋は218号。
Deluxe のカテゴリーです。

alaya ubud
右手側のシャワースペース、左手側のクローゼットの先に大きなベッド。

枕は柔らかくて良かったけど、ベッドはちょっと柔らかすぎるかな~。
でも、ベッドの周りのソファ部分が、イス代わりになって快適でした!
このおかげで居心地が大変良かったです!

alaya ubud
ドアから入って左手側は、クローゼットから
ミニバー・テレビ・冷蔵庫が、壁一面に続きます。

テレビはもちろんNHKが写ります!
バリのホテルには珍しく置き時計があるし、電子蚊取りも置いてあるし、
ホテルのお部屋を居心地良くしよう!というホテル側の気持ちを感じます。

alaya ubud
クローゼットをアップで。
ガウン・スリッパ・セイフティボックス・プールに持って行けるようなバッグ
かごに収められいてるタオルが可愛いです。

alaya ubud
クローゼットの右隅に置いてあるのは、Don't Disturb の竹の表示。
可愛いじゃあないかっ! 

alaya ubud
テレビの前には小さなイスが置いてあって、
机として使うことも出来るようになっています。

alaya ubud
テレビの横、テラス寄りには飾り棚。ウェルカムフルーツがカゴの中に。
その下には冷蔵庫。

alaya ubud
キレイにきちんと入っていますが、あり得ないことに、これっぽっちも冷えません! 
隣のスーパーが私たちの冷蔵庫ですね。

alaya ubud
冷蔵庫前あたりからふり返ると、ベッドの向こうにシンクとシャワーブースが見えます。
写真には写りませんが、シンクの裏がトイレとなります。

alaya ubud
手前のすりガラスのドアがトイレ。
右端に、入口のドアが写っているので、何となく位置関係がわかるでしょうか。

alaya ubud
シャワースペースをには、シャンプー・コンディショナー・シャワージェル
お湯の出がサイコー!!で、感激のレインシャワーでした 

奥の部分は、石が敷いてあって、ただの飾りスペースです。
Alaya Room というカテゴリーだと、バスタブがつくらしいのですが、
これだけスペースがあるのなら、ケチらずにここにも作ればいいのに~と思ってしまいます。

alaya ubud
シャワーを浴びる時には、手前のカーテンを引いて、
お部屋を水跳ねから守りましょう。

alaya ubud
シンクの下の引き出しには、
ドライヤー・ボディローション・歯ブラシ・綿棒・コットンなどが。

alaya ubud
お部屋の一番奥から、全景を。

alaya ubud
Alaya Ubud のお部屋は、テラスも自慢です。
ページが長くなってきてしまいましたが、テラスにも出てみたいと思います。

alaya ubud
竹の柵の向こうに広がるのは、ライスフィールド ビュー!

alaya ubud
ふわぁ~!心が癒されるのを感じます。

alaya ubud
広いテラスにはちゃんとイスとテーブルも置かれているので、
ここで、広がる景色を見ながら過ごすことも可能ですね。

alaya ubud
さらにテラスの反対側には、寝られちゃうくらいに大きなソファも。
テラスの居心地の良さを追求しています。

alaya ubud
敷地の奥の方のお部屋だと、プールを見下ろすことも出来ます。
海に落ちるようなインフィニティプールも素敵だけど、
こんな風に緑に囲まれたプールもいい感じですね~ 

alaya ubud
最後に、壁に描かれている絵を。
竹がはってあって、そこに描かれているんですよ。

各部屋のテラスに描いてある絵は、お庭から見られるので、
泊まられた時には、そんなのも見てみると楽しいと思います。


次は、プールですっ!  →  →  →  Alaya Ubud - プール編



Alaya Ubud - プール編

ホテルのプールは、そんなに大きなものではありませんでしたが、
たくさんの人が集まる人気スポットでもありました。

ただ、そんなに長居して居座る人もいないので、
朝早くから場所取りしなきゃ!ということはないと思います。
(と言っても、タイミングが悪いとチェアがないこともありますが…)

alaya ubud
お庭を通っていくと、こんな感じでプールが目に入ってきます。

alaya ubud
プールの真ん中には、橋が架かっています。
あってもなくてもいい橋だけど、ちょっとあるだけで雰囲気が変わりますよね~。

alaya ubud
橋のこちら側には、デッキチェアが並ぶ。

alaya ubud
デッキチェアにキレイにセットされるタオル。

チェックインの時の説明では、お部屋から持って行ってねって
言われたような気がするんですけどね…。

alaya ubud
この2人用のデッキチェアが素敵くないですか~? 
奥の四阿っぽいのは、プールサイドバー。

alaya ubud
なぜかここだけ、ポップな色合い。
ここにいるお兄さんが、タオルなどの管理もしてくれていたんです。

alaya ubud
そして、プールの先にあるのが Dala spa

alaya ubud
Dala spa の脇に、下に下りる階段があったので行ってみたら、
こんなスペースが用意されていました。

alaya ubud
緑に囲まれた中で、おくつろぎくださいってこと?
広い床面で、ヨガなんかやるのかもしれませんね。

alaya ubud
青空と椰子の木とプール。最高の組み合わせです。

alaya ubud
デッキチェアに寝転び、ホテルを見上げてみる。
3階建てだけど、圧迫感は感じません。

alaya ubud
プールの脇で、バナナがなってる!

alaya ubud
夜になると、幻想的な灯りがともるプール。

alaya ubud
ライトアップされる椰子の木も雰囲気がありますね。

でも、実はここで、巨大カタツムリと遭遇!
しかも、背中にしょっている甲羅(?)が見慣れた丸いタイプじゃなくて、
三角錐でとんがっているタイプ 

初めて見た!
彼(彼女?)には申し訳ないけど、気持ち悪い!毒々しくて怖い!
というわけで、早々にプールサイドからは退散したのでした… 


最後は、朝食も含めて、レストランの様子を!
  ↓   ↓   ↓   ↓
  Alaya Ubud - レストラン編



Alaya Ubud - レストラン編

PETANI
alaya ubud
ホテルのレストランは、JL.Hanoman に面していて、
ホテルの宿泊者でなくても、お気軽にご利用くださいというタイプ。

alaya ubud
夜は、マイクなんかも設置されちゃって、生演奏を聞かせたりもします。

alaya ubud
レストランは、トンネルのようにホテルの客室側に抜けているので、
ホテルの敷地内から見ると、また違う雰囲気で絵になります。

alaya ubud
バリっぽさではないのかもしれないけれど、お洒落な店内。

alaya ubud
アンティーク調なのかしら?

alaya ubud
ホテル客室側には、数段下りたテラス風の席もあります。

alaya ubud
そこに座って眺めると、こんな感じです。

雰囲気が良くってとっても素敵ですが、朝は止めた方がよいです。
なぜなら、朝陽をガンガンに浴びる席で、暑くて死にそうになるからです。

alaya ubud
その朝ごはんですが、ブッフェではなく、こんなメニューから選びます。
毎日丸っきり同じではなく、ほんの少~しですが、変化があるようでした。

alaya ubud
最初に出てくるフルーツの盛り合わせ。

alaya ubud
日によって、盛り合わせの内容も少し違いますね。

alaya ubud
可愛い容器に入って出てきたのはヨーグルト。
これがね~、トロ~っとした感じで、甘すぎず、酸っぱすぎず美味しかった!

alaya ubud
次に出てくるのが、カゴに入ったパンの盛り合わせ。
これで2人分です。

バターとジャムがついてきますが、ジャムが多分手作りのもの。
この日は、いちごジャムとリンゴジャムだったんだけど、
リンゴの方はシナモンの香りが効いていて、とっても良かったです。

普段、ヨーグルトもジャムもあまり食べないのに、
ここにいる2日間は、どちらも残さず完食するくらいに美味しかったんです。

alaya ubud
飲み物は、フルーツジュースと、コーヒーetc が選べます。

アフタヌーン・ティのコーヒーが苦すぎたので、その教訓をもとにカプチーノをオーダー。
バリスタが、可愛く絵を描いてくれました。

alaya ubud
メインの Bubur Ayam (鶏のお粥)

jepun は、これが大好きなので、メニューにあったら、必ず頼みます!
上品なお味でありつつも、鳥のダシが効いていて美味!

alaya ubud
cicak は、いつでもどこでも、とりあえずアメリカ~ン!
オムレツなんだけど、とりあえず形を整えました…的な? 

alaya ubud
朝ごはんの時間には、池の蓮も大きく咲いています。

alaya ubud
なんと!2日目のカプチーノには、サソリの絵が!
やるな~、バリスタ。

alaya ubud
2日目は、最近流行のエッグベネディクトを選択。
        (↑流行ってるっていうのは、あたしの中でのことですけどね)
昨日のお粥ほどの感激はないが、旨ウマである。
半熟卵をのせたら、何でも美味しいよね~なんて、可愛くないことを思ったりして…。

alaya ubud
昨日のランチのミーゴレンが美味しかったので、
cicak も今日は、インドネシアンなメニューを選択。

alaya ubud
葉っぱの包みを開くと、ナシゴレンが出てきました~! 

そのままでももちろん美味しいのですが、ケチャップ・アシン(kecap asin) で
お好みの辛さに調節すると、なお旨し!
今日も、ペロッと食べてしまいました。

どのお料理もとても美味しくて、さすが、宿泊者以外でも利用者がいるわけです。

ウブドで食べる場所に困ったら、(そんなことがあり得るのかはわかりませんが)
こちらのお店のことを思い出してみてください!
外れることはないと思います。