FC2ブログ

2014.08 Bali 1 - 成田発 ジャカルタ行き

やっと! や~~っっと!
あたしの夏休みがやってきました~ 

今年は、夏休み取得前に、会社の一大イベントがあったため、
ほんっと、この日が遠く感じたものです。

でも、終わってしまえばこっちのものだ!まさに、自分にご褒美夏休みですっ!

narita ap
今回のフライトは、JAL でのジャカルタ経由。

東京駅から、THE アクセス成田 でやってきました。 (¥1.000-)
このバス、意外と混んでいて、ネット予約をしておいて正解!な感じでした。

narita ap
チェックインをスムーズにすませ、朝ごはんはお約束の 讃兵衛 にて。

narita ap
そして、やはりお約束のカレーうどんをオーダー。
  (ちなみに cicak は、奥のきつねうどんね)
しばし、日本のダシとはお別れですからね~。

narita ap
朝ごはんの後は、久しぶりにゴールドカードラウンジへ。

narita ap

narita asp
コーヒーなど、ソフトドリンクは飲み放題。
ビールなどのアルコール飲料は、最初の1杯だけ!無料でいただくことが出来ます。

narita ap
ラウンジでちょこっとだけ休憩して、(「タダビールを飲んで」とも言えます) セキュリティエリアへ。
ゲートは91なので、サテライトの方へ移動しなければなりません。

narita ap
連絡通路からは、こんな景色を眺めることが出来るのですが、
昔はここって、シャトルで移動じゃなかった?? いつの間に変わったの~?

途中、写真を撮ったりしてのんびりしすぎたのか、
サテライトに移動した時点で、ボーディングタイムの10分前!

なのに、あたしたちってば、ポーターのカバンにフラフラ惹かれ…。
買っちゃいましたよ!いきなり!
5分で決断という究極の衝動買いですな… 

で、ゲートに着いたら、すでにボーディングは始まっていて、
さらに、どうやら空いているみたいで、誰も並んでいません!

やばい!危うく、名前を呼び出されるところでした~ 

narita ap
座席は、今話題の新感覚エコノミー。
確かに余裕があって、ちょっと楽かもしれない 

narita ap
滑走路で順番待ち。次の次がこの飛行機だね~。

narita ap
テイクオフ!

narita ap
見る見るうちに高く上がっていきます。

narita ap
千葉の九十九里浜じゃな~い?

narita ap
東京湾だ~~!

narita ap
羽田空港でしょ~?!

めずらしく窓際の席で、天気も良いので、景色がよく見えます。
嬉しくて舞い上がって、写真を撮りまくっていると…
narita ap
富士山が真下に見える~~~ 
これはね~、テンション上がりますよ~!

narita ap

narita ap
でも、富士山って、雪をかぶっていないとこんな色なんですね~。

narita ap
しばらく雲の中に入っていて、雲がきれたら 淡路島!

narita ap
明石海峡大橋もはっきり見えます。
パイロットさんって、いっつもこんな景色を見ているのかぁ。いいなぁ。

narita ap
一人勝手に窓の外を見て盛りあがっているうちに、お昼の時間。
機内食は選べないタイプでしたが、お味は良くなっています。
昔は、何を食べても美味しくなかったのに、頑張っているなと感じました。

さて、機内の席は、3-3-3 のタイプだったのですが、なんと ガラガラ!
後ろのシートで、3人席がマルマル空いているところがあったので、
ちゃっかり移動して、横になってお休みタイムとさせていただきました。

これを、〈勝手にビジネス〉と呼んでおります。
とってもラッキーなフライトでした 



スポンサーサイト

2014.08 Bali 1 - ジャカルタ経由バリ着

jakarta ap
勝手にビジネスして、のびのび寝て、起きたらもうジャカルタだ~!
遠くに、新宿副都心のようなビル群が見えます。

jakarta ap
着陸~♪

jakarta ap
飛行機を降りて、イミグレーションへ進みます。
予定通りに着いたので、トランジットの時間は約3時間と余裕がありますね。

jakarta ap
が、やはりそこは相変わらずの混雑ぶり。
しかも、ドコに並んだらいいのかはっきりしない感じがまた困る 

別日にやってきたエイツ&ウメチのコンビは、VISA代を払う場所がわからず、
真っ直ぐイミグレの方に並んでしまい、結局、並び直しになってしまったそうな。

あたしたちも、二人で右往左往しながら、早く進むレーンを見つけて、
してやったりとほくそ笑んだのもつかの間、なんと、後ろの方の人たちが
係員に連れられて別の場所のイミグレに連れて行かれている…。
これだからインドネシアって… 

急いでいるわけではないし、競争なわけでもないのだけれど、
こんな時に、とってもムカついてしまうのは、あたしの心が狭いからでしょうか? 

jakarta ap
そしてこれが新しい VISA代の領収書だっ!

券面は US25 のまま。
上にハンコで US35 と押されていますが、事前に情報を持っていなかったら、
係員が不正を働いているんじゃないかと疑ってしまいそうなありようです。

いいのか?インドネシア?

jakarta ap
なんだかんだで、1時間くらいかかりました?
荷物はとっくに回るのを止めて、私たちを待っていました。

jakarta ap
Garuda へ乗り継ぎの方は、外へ出ずに、真っ直ぐ先へ進みましょう。

jakarta ap
真っ直ぐ進んだ先に、ショボイけれど、乗り継ぎカウンターです。
ここでもう一度荷物を預け、搭乗券を受け取ります。

jakarta ap
そして、さらにその先に進むと、見覚えのある階段&エスカレーターが。

jakarta ap
階段を登った先が、国内線ターミナルです。
2回目のトランジットは、落ち着いてスムーズにこなすことが出来ました!

jakarta ap
ジャカルタの国内線ターミナルですが、
お店があまり充実していないのは変わらない…。

jakarta ap
カード会社のラウンジ以外で、ゆっくり出来そうなのはフードコートのみ。
小腹も減ったので、なんか食べながらゆっくりするか~と物色。
(JAL で着陸前にパンケーキが出たらしいが、寝こけていたせいでもらい損ねているのだ。)

jakarta ap
ここの店美味しそう!と思ったのに、残念なことに値段の表記がない…。
さらに、値段を聞こうにも、スタッフにやる気がなく相手をしてくれない…。

SIOMAY
jakarta ap
なら いいも~ん!と、こちらでオーダー。
さっきとは打って変わって、のりのりのスタッフです。 

jakarta ap
BIHUN BASO  Rp45.000-

jakarta ap
MIE BASO   Rp45.000-

見た目では、あまり違いが感じられませんが、MIE の方は、
麺がノビノビだったり固かったりするので、ビーフンをお勧めします。

jakarta ap
お腹を満たして、搭乗口の F2 へ移動。
今回は、ちゃんと搭乗口案内に載っていたので安心です。

jakarta ap
ダレダレな感じで待っていると、6:30 時間通りに搭乗開始!
飛行機に乗り込むぞ~と意気込んでみたら、

jakarta ap
またまたバスで移動です。
なんでボーディング・ブリッジは使わないのかなぁ?

直前まで、結構なスコールに襲われていたので、
もしもあのスコールの中、タラップまで移動って言われてたら、困るよね~。



22:20 ほぼ定刻にデンパサール ングラライ空港に到着!
前回は、国際線ターミナルに着いたけれど、今回は Domestic の方でした。

それでも、やっぱりブリッジを使わずに、変なところを歩かされて移動… 
インドネシアでは、これがフツーなんだな。

denpasar ap
22:40 イミグレとかは必要ないので、荷物を取って、さっさと外へ。
これはこれで、着いてからのストレスがなくて良いかもしれな~い!と思いました。

到着日は、ホテルにお迎えを頼んでいたので、忘れられちゃってたらどうしよう?とか
ちょっと心配な思いもあったのですが、全くの杞憂で、すぐにスタッフの人と会うことが出来ました 

denpasar ap
知ってる人は懐かしいハズ!かつての国際線ターミナルの床に描かれていた蝶々。

作っていた当時は、一生懸命 色を塗っているスタッフを見かけたものですが、
すっかり擦れてぼやけた色合いに… 

quest tubankuta
空港からホテルまでは、車でたったの5分!
「紫色の趣味の悪い看板はドコの~?」って内心で笑っていたら、ココでした~ 

quest tubankuta
11:00 にはお部屋に入って、ビンタンビールで乾~杯! 
ファースト乾杯なので、鏡を使って、記録写真を撮ってみました 

明日っからの休暇、思いっきり楽しもうねっ 



2014.08 Bali 2 - ホテル移動&ランチ

昨夜23時に入り、今日は10:30にチェックアウトです。
12時間もいませんでしたが、お世話になりました。

現地旅行代理店(Bali Hotel Book)のお迎えで、ホテルを移動します。
何泊かすると、それに応じて無料の送迎がつくので、お得感があります 

指定しているわけではないのですが、顔見知りのガイドさんが来てくれました。
このおじさんが、やる気があるようなないような感じで、とってもゆる~いのよね~。

「また会いましたね~」とか愛想をふりながら、
「次のホテルは泊まったことある?」「道わかる?」
「近くまで来たら、教えてね。」  と言ってきます。

まあ、泊まったこともあるし わかるから、教えてあげるけどさ。
一応仕事で来ているんだから、ちっとは調べてこんかい!   と突っこみたくもなります。

ま、でも、あなたたちよりもあたしの方が よっぽど、
バリの地図を見ている時間は長いですけどね~~ 

niksoma
30分ほどでホテル到着!
途中、チョコッと混んでる場所もあったけど、上手に避けてくれたみたいです。

niksoma
ウェルカムドリンク。

niksoma
この時間、まだ11時すぎです。
なのに、もうお部屋はあるからと鍵をくれて入れてくれました! 

荷物だけ預けてお散歩に行こうと思っていたのに、なんてラッキーなんでしょう 
こういうところ、太っ腹で良いですよね~。



お部屋の激写タイムを終えて、荷物を解いたら、早速町歩きへ。
見慣れた道に変化がないか視察しながら、ランチへやってきました。

Warung MURAH
warung murah
最初のランチは、バリ飯ご所望です。
もう何度も来ているので、慣れた道&慣れた店です。

warung murah
jepun は、お約束のチキンを入れて、Rp21.000-

warung murah
cicak も、大好きなビーフレンダンを欠かさず、Rp18.000-

warung murah
ビンタンビールに乾杯! 

あ~、やっぱりナシチャンプルは激うま!
日本でも、こういう定食屋さんがあったらいいのに~ 


★すでに何度もブログ上に登場しているので、もうお店情報はいいかなと…
  どうしてもお店の場所などを確認したい方は、こちらへ
     ↓    ↓    ↓    ↓
    2013.12 Bali 5 - Warung MURAH




2014.08 Bali 2 - 癒しの時間 ♪

お散歩の帰り道、フト目を上げるとそこには、マッサージ屋さんの看板が!

Luna Spa
luna spa
ちょうど良いので、ひと揉みされていくことにしました。

luna spa
いつも混んでいるのですが、この時間帯、
ポッカリと空きが生まれていたようです。

luna spa
慣れた店、慣れたイスに座って、マッサージを受けます。
昨日のフライトの疲れも揉み出されるような気がしますね。

Foot Reflexology '60 Rp50.000-


 ★SPA の詳しい様子を知りたい方は、こちらをどうぞ
     ↓   ↓   ↓   ↓
    2013.12 Bali 3 - Luna Spa




マッサージを終えてホテルへ帰着。

このホテルに泊まっている間は、特に予定は入れてないので、
「この後、どうする~?プールでも入る~?」
 なんて言いながらプールサイドを覗いてみると…
cabana
なんと 
場所取り必須!の人気スポット CABANA が空いているではありませんかっ! 

決定!
夕方まで、ここで過ごします! 

cabana
買い物の荷物もそのまま、CABANA に居座ります!
だって、この場所、本当に居心地が良いんですよ~ 

cabana
ホテルの外を眺めれば、空と椰子の木と海。

niksoma
ホテルをふり返れば、キレイなプール。

niksoma
ホント、癒される~ 

niksoma
夕方、ホテルのお庭の隅にあるサンガに、イブがお供えをしていました。

niksoma
そして、お供えをめあてに集まってくるのはリス。
(傘の上に座っているのがわかりますか?)

のんびりと、バリ時間が流れていきます。



2014.08 Bali 3 - CABANA Life & Lunch

bali
Selamat pagi ! 
7:00 に起きて、朝ごはんに出発です。

niksoma
朝早いせいか、ほぼ貸し切り状態。
柱のかげからニャンニャンコがやって来ました。

niksoma
cicak のひと皿。

niksoma
jepun のひと皿。

朝早く起きて、ごはんに来たのには理由があります。
cabana
それは、CABANA を手に入れること! 

cabana
朝食のコーヒーを持ち込んで、早い者勝ちの CABANA を占拠! 
も~、ここから動かないからねっ!

cabana
勇んでやって来ていますが、プールサイドにもまだ誰もいません。
完全に焦りすぎですわ~ 

niksoma
のんびりネットして、本を読んで、ウトウトして…。
海からの風に幸せを感じます… 

cabana
11時になると朝食タイムが終わり、スタッフが飲み物のメニューを持って来るようになります。
まんまと飲み始める cicak。    Bintang Beer (S)  Rp29.500-

ま、でも、今日はこのままここでランチです。
レストラン hitana から、運んでもらえます。

cabana

cabana
Niksoma Club Sandwich     Rp95.000-

ホテル名を冠しているくらいだから自信作なのでしょう。美味しいです。
追加のビールは、お部屋から缶を持参。
持ち込みについて、うるさく言われないのがバリの良いところ 

niksoma
ビーチには、風を受けて広がる凧屋さん。
帆船の凧がとってもカッコいいのですが、組み立てが大変そうです。