FC2ブログ

2013.12 - balcony LIVING

最後に泊まったホテル balcony LIVING についてまとめます。

このホテルには、言いたいことが一杯あります。
言いたいことがありすぎて、どうしましょう?って感じですが、まあ、それはおいおい書いていきましょう。

balcony living
Seminyak のJl. Pangkung Sari にある全5室のプチホテル。

JL.Laksmana から、Ulutimo の角を曲がって入った道が JL.Pangkung Sari です。
この道には、日本食の食べられるヴィラ Maya Sayang や きめ細かいサービスがウリのDISINI、
ずずんっ!と奥まで行くと、有名な Villa Air などがあります。

もうね~、完全なるヴィラストリート。
最初の頃は、手前の数件のヴィラから Villa Air までは何もないただの田舎道だったのに、
右にも左にも、ヴィラ ヴィラ ヴィラ !
泊まってみたいと思うヴィラが多すぎちゃって困ります。

そんな中にあるプチホテル。
JL.Laksmana から歩いて、5分では着かないけれど、10分はかからないと思います。

あんまり遅い時間だと危険かもしれないけど、9時くらいまでなら、
それぞれのヴィラに出入りする人も多くいるので、そんなに怖くは感じません。

balcony living
Jl. Pangkung Sari を進むと、右手にこんな小径。この奥がホテルです。
見落としてしまいそうな心配がありますが、実はそんなコトはありません。

なぜかというと…
balcony living
目の前がコンビニだから!ホテルの入口から見える位置です。
コンビニを目印にすれば、間違えて通り過ぎることはないでしょう。

ちょっと奥まったところにあるホテルではありますが、このコンビニのおかげで、
立地は良いといえると思います。
実際、結構お世話になったし、ホントに便利だったし。

また、本文の方でも紹介しましたが、お隣がランドリーなのも、
良かったポイント  になっております。

balcony living
小径のつき当たりが、オープンな受付。
小さなホテルなので、こちらで全ての業務を執り行います。

balcony living
受付から見たプールとホテル棟。
塀の向こうには、多分、田んぼが広がっているはず。

balcony living
受付には、ちょっとしたライブラリーコーナーも。

balcony living

balcony living
プールはそんなに大きくはありません。大人4人が入ったら、結構アップアップ!
2Bed Room Villa にあるくらいの大きさのプールかな?

balcony living
プールの一番奥から見た感じ。右手にお部屋への入口が並びます。
今回、私たちが泊まったのは、一番奥のお部屋とその手前のお部屋の2つになります。

balcony living
周りにはそれなりに建物が混在しているようです。

balcony living
自分の部屋の前からプールの方向を眺めた感じ。
ホントは、プールの前のお部屋をリクエストしていたんですけどね…。

balcony living
小さなホテルですが、レストランもあります。
表の通りに面した場所にあって、朝食もココでいただきます。

balcony living
レストランから外を眺めた感じ。
オープン&雑な造りなので、雨が降ると、お店の半分くらいに雨漏りがあります。 

balcony living
バリらしくきれいにお花が咲いていたりはします。

balcony living
晴れると、木の間からこぼれる光りが本当にキレイ!

balcony living
レンタル自転車もありましたが、雨ばっかりだったので、結局乗ることはありませんでした。
でも、こちらも2台しかないから、何だか使い勝手が悪いよね~ 

balcony living
ホテルの周りは、田んぼ!牛さんも沢山います。
だから でしょうか。とっても静かな環境が保たれていると思います。

立地的な問題でいえば、良いホテルといえると思います。
ただ、プール好きとしてはちょっと悲しいんだよね~。
 (雨季だから、ココでいいや!という思いもあったんですけどね)


         Jl. Pangkung Sari, Br. Taman, Seminyak, Kuta, Bali 80361



次は、お部屋の様子をまとめておきましょう!
  →   →   →  balcony LIVING - ROOM 編 1階


スポンサーサイト

balcony LIVING - ROOM 編 1階

プールはちょっとショボイけど、立地的には良いホテル。
でも、肝心なのはお部屋ですよね?

お部屋の様子に行って見ましょう!

balcony living
お部屋の入口。ガラス張りのドアです。
レースのカーテンがついているので、締めれば中を見られる心配はありません。

balcony living
ドアを抜けると、広々としたリビングルーム。

入ってすぐの手前にあるのがソファセット。一番奥にあるのがキッチン。
左上にちょこっと写っているのが、2階へ上がる階段。

balcony living
こんな感じですね。

balcony living
ソファセットの向かいにはテレビ。もちろんですが、NHK も写ります。

balcony living
テーブルの上には、ウェルカムフルーツ。
普通すぎて、嬉しくもない… 

balcony living
奥にあるキッチンスペース。
お洒落なイスも用意されていますが、ココに座ることはありませんでしたね。

キッチンとしての設備は充分だったと思います。
鍋がない!ヘラがない!ってことはなかったから。

でも、一番大事なものがない!
何がって?
それは、ウォーターサーバー!

お水なんて、買ってきたってたいしたお値段じゃないですよ。
そんなことはわかっていますよ。
でもさぁ、その買ってくる手間や1回1回汲む手間がイヤじゃないですかぁ。

キッチンがあるということは、料理が出来るということ。
料理をするんだったら、ウォーターサーバーは必需品でしょう? 


悪いホテルというわけではないのですが、随所にこういう足りない部分が目立ちます。

なんて言うのかなぁ。
ゲストに対するサービスの心・おもてなしの気持ちがまったくもって感じられないんですよね。

だって、「暮らすように過ごす」というコンセプトの
「アパートメント」と謳っている宿泊施設ですが、コスではないはずです。

それなのに…
そもそも、最初にお部屋に入った時からイメージは悪かったんですよね。

夕方の到着。ホテルのお迎えの車で移動しているんだから、到着時間は読めるはず。
2階の部屋には西日が差して暑い!
クーラーくらい入れておいてくれたっていいと思うの。

冷蔵庫に買ってきたビールを入れて、出かけて帰ってきたら、冷えてない!
よく見たら、コンセント入ってないじゃ~ん!

ゲストがチェックインするんだから、コンセントはちゃんと差しておいてよね~ 

おっと。
愚痴ってないでお部屋の紹介を続けないとですね。

balcony living
キッチンから眺めるお部屋。

balcony living
ソファがとっても大きくて、寝そべることも出来るサイズなのは良かったな 

でも、このソファは、お部屋によってタイプが違うようです。
balcony living
こちらは、エイツ夫妻のお部屋のソファ。
ちょっとピンぼけですが、違いは伝わるでしょうか。

続けて、2階に登って見ましょう!
  ↓   ↓   ↓
balcony LIVING - ROOM 編 2階


balcony LIVING - ROOM 編 2階

balcony living
では、階段を上がって2階にいきましょう!

balcony living
階段を上りきって振り向くと、手前にバスルーム。
奥にベッドルームが待っています。

balcony living
バスルームは、手前からシンク・トイレ・シャワー。
バスタブはなく、レインシャワーのみ。
 お湯の出が悪すぎで最悪。今回、サイコーにイラつきました。

balcony living

balcony living
シャンプー・バスジェル・石けん・歯ブラシ・シャワーキャップ・綿棒・ドライヤー

暮らすように滞在して欲しい…と言いつつ、最低限のものしかセットされていません。
自分で暮らすように、自分で買って用意しろ!という意味だったのでしょうか?

タオルも、バスタオル2枚・トイレにかかるタオル1枚・プール用のタオル2枚のみ。
トイレに手拭き用のタオル掛けがあるのは秀逸だと思うが、もう少しタオルが欲しい。

ですので、1万ルピアを置いて、フェイスタオルをくれ!と書いたら、なぜかハンドタオルを3枚もくれた。
ハンドタオルという種類があるのなら、最初からそれも置けと言いたい。 



balcony living
ベッドの向こうには、バルコニー。

balcony living
バルコニーに出る手前に、大きな鏡と机。
この場所は、パソコンしたり、日記を書いたりするのに最適でした! 
日が入って明るくて、マイ書斎的な感じでした。

balcony living
バルコニー側からお部屋を見たところ。ベッドの正面にテレビがあります。

1階にも2階にもテレビがあるのはいいですよね。
さらに、2階のテレビには、ビデオデッキもついています。

balcony living
ベッドの脇にクローゼット。
セイフティボックス・バスローブ・スリッパが収められています。

広い室内に、棚も豊富にあるので、ものを置くのには不自由がなく、
このポイントについては、本当に暮らすみたいに過ごせる感じではありました。

balcony living
バルコニーに出てみました。
balcony LIVING」という名前なのだから、どんな素敵なバルコニーかと思いきや、
フツーのバルコニー……… いや、ベランダですよ。

balcony living
バルコニーから、首を伸ばして下のプールをのぞいてみました。
こうやって見ると、素敵な感じに見えるかな?


初の2階建てステイでした。

下ろすときもそうだけど、お部屋に案内してもらったらまず最初に、
スーツケースを2階に上げてもらっておかないと大変なんですよ。

また、滞在中に使う細々としたものを、使いやすい場所に置くまでが、
上に行ったり、下に行ったりと、面倒くさい感じもありました。
(元々が狭い家にコンパクトに住んでいるからね~  )

でも、2家族でのステイの場合、目に入るところにベッドがないので、
生活感を感じることがないため、住み心地はいい感じだなぁと思いました。


次は、balcony LIVING - 朝食 編 へ行きましょう!


balcony LIVING - 朝食 編

朝食セレクションコーナーです!
 (いつの間にそんなコーナーがっ?  )

balcony living
ホテル併設のレストラン。
朝食だけでなくランチもやっています。

balcony living

balcony living
廃材を使用した雰囲気を出していて、お洒落っぽい感じはあります。

balcony living
外には、メニュー表も貼ってあります。
近くの別のホテルやヴィラに泊まっている方も利用するのでしょう。

朝食内容と時間は、前日にフロントでお願いしておきます。
でも、時間を伝えてあるからって、準備をして待っている訳ではありません。

真面目な日本人からすると、準備するつもりもないのに、
なぜ聞くのか不思議でなりません。

balcony living
定番バリ飯1 ミーゴレン
なかなか美味しく、「パダッス!」と言って、辛くしてもらったりもしました。

balcony living
定番バリ飯2 ナシゴレン
こちらも普通に美味しくいただくことが出来ました。

balcony living
定番バリ飯3 jepun が大好き ソトアヤム
カレー風味の汁がサイコーに旨いです!

ソトアヤムだけでは、食事としては少ないようで、必ず白米もつきます。

balcony living
盛られた白米がコレ。手前のお皿の白さが目に痛いです!
もう少し考えて盛りつけが出来ないものでしょうか? 

balcony living
フルーツジュースは、必ずつきます。

balcony living

balcony living
同じソトアヤムを頼んでも、日によってその雰囲気はまったく変わります。
コレがバリです。最近では、この違いを楽しみにしていたりして… 

balcony living

balcony living

balcony living
アメリカンを頼むと、卵の調理方法とつけ合わせのお肉の種類を選ぶことが出来ます。

balcony living
さらに、デニッシュパンも追加で頼むことも出来ました。

balcony living

balcony living
フルーツは、カットしたものか、ヨーグルトかけのものかを選べます。

balcony living
コーヒーのソーサーが可愛いです。
普通に美味しく飲むことが出来るコーヒーでした。

朝食は、種類が豊富な訳ではないけれど、それぞれに美味しいので、
不満なくいただくことが出来ましたよ。

うん。朝食に関しては、合格だな! (←ちょ~、上から発言  )




最後に、balcony LIVING の総評を…。

ちょこちょこと書いてますが、全体的に芳しくないなぁという感じです。

タクシーを呼んでもらったら、一度電話して繋がらないと、
「ビジーね~」と言って、後は何もしようとしない。

とか

フロントには常に誰もいない。

とか。


少ない人数で頑張っているのでしょう。
表のカフェにいたり、何か作業をしていたりはしています。

でも、それでは、こちらの用が事足りないんですよ。


年末の繁忙期料金で、1泊$195-/部屋 に対しては、厳しすぎる評価でしょうか?

サービスも設備も、バリクオリティといえばそうだし、
他のホテルだったらスルーできるような内容でもあるとは思うんです。
それなりの居心地の良さももちろんありますし。

でも、目が厳しくなるのには、もう1つ理由があるんです。

それは…
 宿泊の6ヶ月間には、全額を支払えとか、
 キャンセル料金が1ヶ月前から派生するとか、
 年末はミニマムで5泊だとか、
予約に対しては、超!高飛車な態度なんですよ。

もしかしたらキャンセルせざるを得ないことだって起こるかも知れない。
それでも!賭けになっちゃうかもしれないけど!
でもやっぱり泊まってみたい!と思ったわけじゃないですか?

そうしたら、どうしたって期待度って上がるでしょう?
どれだけステキなんだろう?って妄想が広がるでしょう?

なのにこれだと、やっぱり、不満の残る滞在になってしまうのも仕方ないと思いません?

決してホテルを悪く言いたいわけではないし、客観的には問題ないのかもしれないのですが、
この感じ、わかってもらえるでしょうか?

だったら、お値段も安くて、もっと快適に過ごせるホテルが一杯ありますよね~。
正直、2度目はないな…と思います。