2012.07 18th 渡バリ - The Kunja Dinner

kunja の 3泊キャンペーンには、スパトリートメントだけでなく、
コースディナーも付いていました~ 

今日もゆっくり、ヴィラでお食事がいただけます 

前菜・スープ・メインディッシュ・デザートの4コースディナーですが、
それぞれ2種類の中から好きなものを選べるようになっています。

ですので、cicak と jepun で、1つずつ違うのを選びました。


まずは前菜!

the kunja
なすのサラダ
味噌風味のドレッシングがかかっていて、和風な感じで GOOD!

the kunja
トマトのサラダ
こちらはフツーのドレッシングのサラダ。

the kunja
では、いただきます!


次は、スープ!

the kunja
面倒くさいので、2種まとめて撮っています。

左のオレンジ色のスープがトマト味で美味 

右の黄~茶色のスープは不思議味。
ちゃんとメニューを見てもいないので、何だかよくわからないまま終了~ 


そして、メインディッシュ!

the kunja
チキンのなんたら 
わからなくて、すみません! 

the kunja
そして、サーモンのなんたら… 

メニューを写真に撮っておくべきだったと、心から反省しています…。


最後にデザート

the kunja
チョコレートケーキ & シュークリ-ム


すっげ~ 美味いかというと、別にそうでもない。
正直、まあ、フツーに食べられますねって言う感じ 

でも、「自分のヴィラで ゆっくりサーブされながら食べる」という
シチュエーションが素晴らしいのだと思います。

キャンドルライトとかオプションでつけちゃったりしたら、
ますますサイコー!って感じになるのではないでしょうか?



スポンサーサイト

The Kunja

素敵なヴィラ The Kunja
その様子をレポートして行きたいと思いま~す!

the kunja
JL.Petitenget からの細い道を来ると、
右手にヴィラの入口が忽然と姿を現します。

the kunja
振り向くと、そこにはさり気なく「kunja」の看板が。

the kunja
写真 右の階段を上がったところがフロント。

the kunja
大きなデスクがあるだけのフロント。
大型ホテルではないので、これで充分なのでしょう。
チェックインは、ソファにかけて、ゆったりとどうぞ。

the kunja
ガイドさんなどのお迎えは、こちらのソファに座ってお待ちください。

the kunja
フロントから自分のヴィラまでは、カートで連れて行ってくれます。
途中、ヴィラ内に咲いているたくさんの花を楽しむことも出来ます。


The Kunja の人気の秘密の1つが、チャペルにあります。
そう、ここは、敷地内でそのまま結婚式を挙げることが出来るのです。

the kunja
チャペルの入口。
だから、ここまでは普通に車で入ってこられるような広さがあります。

the kunja
入ってすぐに見えるのは、控え室。
参列者はこちらのお部屋で待つようですね。

the kunja
その先を越えると、キター!!   水に浮かぶチャペルです~  

先の建物内に参列者用のイスが並べてあるから、
この道がバージンロードってことになるのでしょうね。

きっと、当日は、花びらとかが敷きつめられちゃったりするんだろうなぁ 

「怒られないかな?」と言いつつ、
(門が開いていたから、という理由での不法侵入での勝手な見学です  )
cicak と2人 結婚式気分で階段を下りてみました。

the kunja
左右に並ぶ参列者の間を抜けると、

the kunja
チャペルにたどり着きます。

あの段の上で、愛の誓いとかしちゃったりするのね~! 

いや~~~! バン!バン!バン!(←机をたたいている音)
は、恥ずかしい妄想しちゃったわ~ 

さすがに祭壇に上がってしまってはまずいだろうと、ここまで遠慮しましたが、
お花やろうそくの演出とかがプラスされたら、
本っ当に、ロマンティックな式になるのでしょうね~。

もう、挙げる方にはなれないから、誰かここでやってくれないかなぁ~。


the kunja
祭壇の下から後ろを振り向いたところ。
今度はあの門の先で、ライスシャワーとかの演出かな?


the kunja
チャペルだけでなく、それを囲む庭園もあります。

the kunja
つつじ? こんな刈り方ができるんだね~?


the kunja
こんな白いハイビスカスも、まさにお祝いしてくれてる~って感じですよね。


次回は、The Kunja - POOL & LIVING 編 をお待ちください!


The Kunja - POOL & LIVING 編

さて、では、肝心のヴィラの様子をお伝えしないとねっ!
まずは、プールとオープンなリビングの様子からいきましょう!

私たちのヴィラは、敷地の最奥に位置する「No.18」

the kunja
ヴィラの入り口。大きな木の扉を抜けていきましょう!

the kunja
ヴィラのドアを開けると、大きなプールがお出迎え~ 

the kunja
プールを横目に見ながら、リビングへ進みます。
パラソルの下には、デッキチェア。

the kunja
振り向くと、通路の先にヴィラの入口のドアが見えます。
左手、飛び石の先には…

the kunja
アウトドアシャワーが、こっそりとあります。
ちゃんとお湯も出ましたよ~。


the kunja
広々としたリビング。奥にキッチンが見えます。

the kuknja
キッチンテーブルには、ウェルカムフルーツ。
大きな冷蔵庫の向こうには、ウォーターサーバーがあります。

the kunja
キッチンの右側に、小庭に出る道。
この先には、倉庫のような場所がありました。

鍵がかかっていたのでよくわかりませんが、サーフィンとかダイビングの道具を
置くことが出来るんじゃないか?と、想像してみました。(あくまでもただの想像です)

the kunja
テーブルの上には、ウェルカムドリンクとおしぼりのサービス。
ガラス張りのドアが、寝室への入口。

the kunja
ドアの右手側には、オーディオセット。
iPod をさせるようになっていましたが、残念なことに我が家はSONY派。

the kunja
リビングの、キッチンと反対側には大きなソファ。
たっぷり寝られる大きさです。


the kunja
プールは、段々になっていて、浅瀬も作られています。
でも、その最大深度は…

the kunja
なんと2.2m  おぼれますがな…。

the kunja
ですから、わざわざ石で立派な注意書きが作ってあります。

the kunja
奥に行くに従って、ぐんっ!と深くなっているのがわかるかと思います。

the kunja
リビングのソファに寝そべって、日がな一日こんな景色を見ていても、
あきるということはありませんね~。 幸せです! 


次は、ベッドルームとバスルームの様子にいきたいと思います!
  →  →  →  The Kunja - BED & BATH ROOM 編


The Kunja - BED & BATH ROOM 編

それでは、リビングからベッドルームに入ってみましょう!

the kunja
リビングつき当たりのドアが、ベッドルームへの入口。

the kunja
じゃ~ん! 正面に、天蓋つきのベッドがど~ん!


the kunja
左手には、ここにも大きなソファと、クローゼットへ続くドア。

the kunja
右手には、バスルームへと続くドア。

the kunja
ソファを反対側から見ると、そこにはテレビ。

the kunja
クローゼットは、ウォークインな造り。
ここに、セイフティボックスもあります。

the kunja
入り口脇の様子。
左手側に鏡と机。右手側にはさっきのテレビ。

仕事用の机かもしれないけど、鏡もあるし、スペースも広くて、鏡台的な利用で大活躍!


the kunja
バスルーム。
入って正面に洗面台。左手側がトイレ。
最近、こういったヴィラやホテルでは、ダブルシンクが標準装備となってきていますね。

the kunja
右手に大きなバスタブ。
半屋外な造りなので、苦手な人は苦手なのかな?
心配するほど、虫もいないので、jepun はだいぶ慣れました。

それよりも、すだれの先がどうなっているのか気になります。

the kunja
すだれの向こう、バスタブから身を乗り出すと、ソファとプールが見えます。
ということは、お風呂に入っていると、お外から見えちゃうってことね?

上手に植物で目隠しをしているので、入り口から見えるということもなさそうだし、
基本2人暮らしのヴィラなのですから、まあ、見えても問題ないのでしょうが、
新婚さんとかはドキドキ!になるかもしれないね~。
(今時、そんな初々しい新婚がいるのか?という問題は置いておくとして)

the kunja
うまく写真が撮れなかったためないのですが、バスタブの横にはシャワースペースがありました。
そこには、小さなテーブルがあって、バスセットが置いてあります。
石けん・ボディソープ・シャンプー・コンディショナー と揃っています。

the kunja
シンク横には、フリーのお水やタオルがセッティング。


the kunja
さて、ではもう一度、外に出て行きましょうか。


the kunja
やっぱり、青く輝くプールが好きです 



次は、朝食の様子をまとめてみたいと思います。
   →  →  →  →  The Kunja - 朝食編


The Kunja - 朝食編

Kunja の朝食は、インドネシアン・アメリカンなどから選べます。
残念なことに、内容をメモした紙が見つからず… 

残っている写真から想像してみよ~う!

the kunja
まずは、jepun 一押しの ブブルアヤム。鶏のお粥です。

鶏以外の具とスープが別出しされます。これ、ポイント高かったです!
だって、嫌いな香草は入れないですむし、スープが別だと、お粥がドロドロにならなくてすむし。

tha kunja
2回の朝食を、ブブルにしました。
写真をよく見比べると、具や食器がビミョ~に違うのがわかります。
とってもバリらしい感じですね。 

the kunja
cicak の一押しは、相変わらずのアメリカン。
この日は、オムレツにソーセージとベーコンのつけ合わせ。

the kunja
パンの盛り合わせもつきます。

the kunja
フルーツプレートは、何を頼んでも必ずついてきます。

the kunja
インドネシアンから、こちらはミーゴレン。
半熟卵がのっていると、とっても美味しそうですね。

the kunja
そして、こちらがナシゴレン。
まずくはないけど、もっと辛くして~!という感じ。パンチに欠けるのよ。

the kunja
意外に美味しく食べられたのが、クラブハウスサンドイッチ。
朝食メニューにあるのって、初めてかもしれない…。


スープを温めたり、卵を焼いたり、というのは、ヴィラのキッチンを使って行います。
ナシゴレンやミーゴレンをどうしていたのかは、未確認。

朝ごはんを食べ始めると、作ってくれたスタッフの人が、
・明日の朝は何時にするか?
・アフタヌーンティはどうするか?
・お部屋の掃除は何時にするか?   などといったことを聞いてきます。

我が家は毎日何の用事もないので、明日の朝の時間も答えられるけど、
フツーはそんなに早くは決めないんじゃないの?ってホスピタリティに疑問を感じたりします。

さらに、聞かれたから答えているのに、指定した時間通りにくることはマレで、
だったらそんなに聞かなきゃいいじゃん!と、疑問がふくらんだりもします。

でも、あまり干渉されない感じは、放っておかれたい私たちには合っていました。

手厚いサービスを期待しすぎると、裏切られるかもしれませんので、お気をつけください。


紹介しきれなかった写真があるので、せっかくなので、最後は、おまけコーナーへ
   →  →  →  The Kunja - おまけ編