FC2ブログ

2012.01 HONG1 - 食い倒れは朝食から

香港の朝は、食い倒れから始まります。

何故かというと、香港には“深夜入り”するのが常だからです。

今回も、仕事終了後、チャッチャカチャ~と成田空港に移動!
ためたマイルで、今回は行きだけビジネスです 

hong jal lounge
成田 JALのビジネスラウンジで軽く夕食 

hong jal business
機内でも、しっかり夕食。


22:30 香港到着後、お金持ちは すぐに疲れる年寄りはタクシーでホテルまで。
赤いタクシーで、 HK$200 + 高速代HK$30 + 荷物代HK$5 で到着!

お泊まりホテルは、九龍島の BP International House

予約したときは、キャンペーン価格だったみたいで、
よく見たら高級ホテルで、もう2度と泊まれそうにもありません。 



話は戻って、HONG1 の朝。

ホテルに朝食はついていませんし、香港でつける気もありませんので、
起きたらお外に出かけましょう!

hongkong
こんな看板を見ると、香港に来たなぁと思いますねぇ。

hongkong
こんな2階建てバスを見ても、香港に来たなぁと思いますねぇ。

hong singen
ホントは違う店を探していたのですが、よくわからず、似たような店を発見!

hong singen

hong singen
写真入りメニューがあるので、言葉がわからなくても安心です。

ホントは、このメニューには日本語も載っているのですが、
なんだか安心できない日本語っていうか、何を言っているのかわからないというか…。
まあ、ヒントにはなります! 

hong singen
jepun セレクト   蝦雲呑湯麺  HK$35.0

えびワンタン麺が食べたくて、こういう店を探したんだも~ん! 
朝から旨旨~ 

hong singen
cicak セレクト   自制墨丸湯麺   Hk$35.0

よくわからないけど、イカボール??

hong singen
お店を外から見るとこんな感じ。

hong singen
店頭では、おじちゃんがセッセと働いておりま~す!


場所は、九龍公園の南側の Ashley Rd. になります。




hongkong
朝食の後は、手持ちの現金が寂しくなったので両替へ。
レートがいいと評判の、いつもの重慶(チョンキン)マンションです。

でも、入ってすぐの両替所は、レートが悪いので気をつけてください!
そして、あんまり奥に行くと、なんだか雰囲気が悪いので、これも気をつけてください!

この建物の中の探検なんてしたことないので、入口から50mくらいしか知らないもの。



両替後は、いったんホテルへ戻りましょうかっ!



スポンサーサイト

2012.01 HONG1 - 食い倒れは昼食へ

食い倒れ企画なので、何の観光もなく、朝食の後は昼食です。  

ホントは、海港城(ハーバーシティ)とか見ているはずですが、
写真があるわけもなく、これといったコメントもなく…。

なので!昼食です!

昼食は、小龍包の名店 ディンタイフォン(鼎泰豊)へ!
hong ding

台湾の台北が発祥の地。
いや~、台北で食べたとき、今までの小龍包の概念を打ち破られた気がしましたよ!
ホントマジ、美味い!

嬉しくって、東京の支店に行ったら、なんか違ったな。
旅行時の食べ物って、現地の雰囲気が+αされるものなので、
そこは勘案しないといけないとわかってはいても、やっぱりなんか違った。

それが、ここ香港の鼎泰豊なら、「そう!こういう味よ!」って納得できます。
(正直言うと、台北の方が美味しいとは思いますが…)

知っているところで、鼎泰豊はソウルにもあるんだけど、
ソウルでは他の食べ物を食べるのに忙しいので、味比べをする余裕はないな…。

台北の面白さ&奥深さには まだ気づけないような ひよっ子ツーリストなので、
とりあえず、香港で舌の癒しを求めるのであった…。


hong ding tai fung
さて、この鼎泰豊 お昼時にいったら、当然の長蛇の列でのウェイティングです。

が……
 よく見ると、列になってない!! 

そりゃ~、そうだ!
ここは中国! ヤツらが静かに並んで待つわけがなかった! (偏見バリバリです )

じゃあ、どうやって待つかというと、礼儀正しい整理券方式。

hong ding tai fung
カウンターで人数と名前をいうと、「A-34」とか書いてある紙を渡されます。
後は、TV で自分の番号が呼ばれるのを待つだけなのです。

A B C D の区分は、人数によって違っていたような気がします。
素晴らしくシステマチックになっています! 


hong ding tai fung
メニューと書き込み用の紙をもらえるので、
待っている間に何を食べるか相談できて、意外に待ち時間も苦痛になりません。

hong ding tai fung

hong ding tai fung

結局、30分かからずに、案内されました。

hong ding tai fung
テーブルには、こんなセッティングが。
だれもが小龍包を食べるのが前提ね。

hong ding tai fung
お昼ではありますが、青島ビールで乾杯ッス! 
HK$28.0


hong ding tai fung
ほうれん草ガーリック   HK$42.0

ちょっと苦みが残っているけど、ガーリックの風味が美味し!


hong ding tai fung
特色小龍包   HK$50.0×2

美味しくて、一人一蒸籠。
ホントは、もっと食べたいような気もしたんだけど…。


hong ding tai fung
ジャージャー麺   HK$36.0

トマト入りで不思議な感じなんだけど、美味しかったッス!


    Shop 3-9, G/F, 68 Yee Wo St, Causeway Bay
      銅鑼灣怡和街68號地下3-9舗

      カントン・ロードの 新港中心 (シルバー・コード) の中にあります。




2012.01 HONG1 - 腹ごなしにマッサージなんぞ

旨旨小龍包で大満足のお腹を抱え、マッサージなんぞをやってみました。

千葉養身館
hong chiba house

カントン・ロードから歩いて、キンバリー・ロードまで。

hong chiba house
1階は、鍋料理のお店のようです。
ちょっと美味しそうかなぁ。

hong chiba house
2階へ階段を上がると、フロントがあります。

hong chiba house
フロントの向こうには、足バブルのイスが並んでいますね。

hong chiba house
私たちも座って、足をバブルってもらいます。

hong chiba house
こんな立派な器械なんですよ~。

hong chiba house
そして、マッサージもこんな立派なイスで。

hong chiba house
足つぼアロママッサージ  '60 HK$220


内装は洒落ててステキな感じでした。

でもなぜか、cicsk のセラピストさんは応援でやってきた人。
制服は違うし、スタートも、あたしと比べて遅れてしまいました。

日本から予約していたのに、なんで??

痛キモチ良かったけど、☆☆☆ 3つ! ですかね。



 

2012.01 HONG1 - 夜は煲仔飯 を求めて

hong night
香港の夜が更けてきました。
大通りの看板もすごいけど、裏通りのゴチャゴチャとした感じも好きです。

hong night
香港 町歩きの楽しみの1つが、夜の出店散策。
男人街 をプラプラと冷やかして楽しみました。

最初に香港に来たときは、あれもこれも珍しくて思わず買い物しちゃったけど、
最近は、冷やかしてみるだけで充分かなぁ。

成興大排當
hong claypot
煲仔飯(クレイポット)を食べたくて、探したお店です。
中国の方に聞いたら、「ボウ チャイ ハン」と言うらしい??

ガイドブックに載ってた地図がたぶん、間違っている!! 
かなりウロウロとしてしまいましたよ~。

hong claypoy
四季煲仔飯 という看板に惹かれますね~。

hong claypot
店頭に、新鮮な魚介類が入った水槽と鍋が並んでいるのが目印です。

hong claypot
写真付きメニューなので、言葉がわからなくても大丈夫!
しかし、後ろに段ボールごと飲み物が積んであるのがすごいよね~。

hong claypot
Fried Clams   HK$48

hong claypot
煲仔飯~ 

hong claypot
オープン!!
Mushroom Chicken Clay Pot    HK$40

hong claypot
ここでも青島ビールです!
旨旨 煲仔飯を食べて、ご機嫌なり~ 

Total ++HK$186.0


ガイドブックで調べて、探して探して食べた煲仔飯でした。
美味かったよ~ 

なのにね、帰り道プラプラしてたら、見つかるんだよね~、煲仔飯屋さん。
まあ、最初に食べたときも、テキトーに見つけたお店ではあったんだけど。
hong claypot

hong claypot
ここは「店内」というものがなく、道にテーブルが出てるので、
そこで食べることになるようです。屋台式?

今度来たら、ここいら辺で食べてみようかなぁ。



bp international
ホテルに戻ったら、お部屋からこんな景色が見えました~。




2012.01 HONG 2 - 今日も朝から食い倒れ♪

早上好 おはようございます!
今日も元気に食い倒れに出発です!

hong terminal
お店に行く前に、ちょっとお散歩。
港から、フェリーが出発して行く様子が見られました。

で、朝ごはんは、香港に来たら一度は行かねばならぬこのお店。
糖 朝
hong touchou
この写真は、食べ終わって出てきた時に撮ったので、たくさんのお客さんが待っていました。

hong touchou
着いたときはこんな感じで、オープンしたばっかりだったようです。
おかげで、先に来ていたお客さんから順番に案内されていく感じで、ほとんど待たずにすみました。

hong touchou
続々やってくるお客さんが、ついたての向こうで並び始めています。

hong touchou
席に案内されました~。お茶はデフォルトです。

hon touchou
鉛筆とオーダー用紙をくれるので、欲しいものにチェックするだけ。
ここでも、言葉の壁はありませんね。

hong touchou
ただの麺に見えますが、ワンタン麺   HK$40

hong touchou
その証拠に、cicak がほじくり出すと… (←あまりいい表現じゃないですね )

sweet dynasty
ほら!ワンタンが出てきましたよ~ 

sweet dynasty
こちらは、つみれと肉団子のお粥   HK$48

ホントはローストダックのお粥が良かったんだけど、朝はないって言われた…。
残念です。

sweet dynasty
クーポンでもらえるマンゴープリン 
マンゴー本体も入っていて、美味しいですぅ~ 

漢字だと「糖朝」だけど、英語だと「Sweet Dynasty」って表記されるくらいのお店だから、
ホントはもっとデザートを食べるべきなんでしょうが、飲み党な二人はこれで充分。

Tea charge HK$5/per

Total +HK$108.0


     100 Canton Road, Tsim Sha Tsui, Kowloon
        九龍尖沙咀廣東道100號G-F