FC2ブログ

2015.08 - ランドリーと自転車事情

バリでは、洗濯物は街中にあるランドリーに出すことが通常となった我が家。
安いし、いい匂いになるし、パンツ1枚にまでアイロンをかけてくれるし。

まあでも、ただし、
時々洋服が入れ替わっていたり (似たような、でも違う人のと)
ブラトップのパッドが平らになっていたり、
(取り外しできる)パッドそのものが行方不明になっていたり……
  というようなリスクもないわけではありませんけどね。

初サヌールでも、当然、ランドリーに出す気でいました。

ところが!
街を歩いていても、ランドリー屋さんが見つかりません 

laundry
こんな看板は見かけるんですよ?
でも、「あった!」と思って覗いてみると、そこはただのお店…。

laundry
だって、あたしたちが知っているランドリー屋さんって、
こんな大型な洗濯機や乾燥機があるところですもの。

laundry
ウロウロして探しあぐねて、道にいるあんちゃんに聞いてみたら、
「この後ろのお店だよ!」って教えてくれました。

laundry
洋服屋さんじゃないの?ランドリー屋さんには見えないんだけど?

と思ったら、お店の中からおばさんが出てきて、手招きしてくれて。
ついて入ってみると…

laundry
どうやらこの一角がランドリー屋さん。
アイテムは、計り のみ!

要するに、ここは洗濯物の受け渡しをするだけのお店なんですよ。
だから、必要なのはどのくらいの量なのか調べるための計りだけ。
どうりで、探し歩いても洗濯機も乾燥機もないわけだ~!

思い出してみれば、プーケットでもこんな感じのランドリーでしたね。
同じバリでも、所変われば品変わるで、サヌール仕様ってのがあるんだね~。
 (↑と思っていたら、クタやレギャンでも、似たようなスタイルのお店を発見!
   要するに、あたしの視野が狭く、思い込みが激しいだけの話…)

確かに洗濯機も重さで洗剤の量とか変わるから、重さ=値段 っていうのは正しいのかな~。
そしてその気になるお値段の方は、1kg で Rp 25.000-

種類別の個別会計と、ドッチがお得なんでしょうか?
とりあえず、チマチマ少しずつ出したら損するかも?って感じかな?



お次は自転車事情。

サヌールでは、自転車にまたがって移動している観光客の方々を多く見ました。
今までも、スミニャック辺りでも見かけることは
あったのですが、ここサヌールは断然その数が多い!

エイツがレンタサイクルがあるんだよ!と言い張ります。

確かにそうなんだろうな~と思いつつ、
街中をプラプラしても、それらしきお店は見つかりません。

やっぱり、ホテルでの貸出がメインじゃないの?と思っていたら、
サヌールを出発する頃になって、いくつか見つけることが出来ました。

bicycle
泊まったホテルの裏辺りで見つけた。
確かに FOR RENT なんだけど、明らかに自分用の自転車だよね?
そして、そのハンドルは特殊すぎて乗れる気がしないよ… 

bicycle
そして、レンタサイクルが多くあるのは、海岸沿いの道であることを知りました。
こんな風に、キレイに並んで出番を待っています。

bicycle
また、JL.Danau Tamblingan を北上して行った時に、
こんな風に道路に並べられているレンタサイクルも発見!

私たちの泊まっていた南側より、北側の方が需要があるのでしょうか?

bicycle
ちなみに、私たちの泊まっていた PARIGATA RESORT にも、レンタサイクルはありました。
でも、たった1台で、こんな片隅に隠れています。
本気で貸し出す気はないんだよな~、タブン…。

まあでも、レンタサイクルが利用できそうなのは確認できたので、
次回はそれを使って、もう少し遠くまで足をのばしてサヌールを満喫したいと思います!



スポンサーサイト

町ランドリー 考 … その後

約3年ほど前
 ……あたしはこんなことを書きました。

-------------------
なので、今後の方針はというと、
 *今までのようにまるっと無視するのではなく、「laundry」の看板は探してみよう。
 *で、ホテルの近くにあって、行き来が面倒くさくないようならお願いしてみよう。
 *でも、そこに労力をさくのは面倒くさいし、
    時間ももったいないのでホテルで頼んじゃって全然問題なし~ 
 
 といった感じでしょうか。
-------------------

それが今や、探していますよ!「laundry」 の看板を!
行き来が面倒くさくても、お願いしていますよ!
まじ、労力をさいていますよ~!   

で、それだけ利用しているんですし、せっかくですから、
お値段比較なんてのをしてみちゃおうかと思います。

         Tシャツ   短パン   タンクトップ     ワンピース
                          (singlet)
Thalia      3000     3500      3000
ubud       2400     2800
JL.Kayu Aya  5500     6000      4000        6000

こうして見ると、ウブドのランドリーが安いのがよくわかりますね。
といっても、最高額が約60円ですからね~。
比較する意味なんてないかも知れませんが…。

Thalia LAUNDRY
thalia laundry
JL.Padma Utara
Niksoma ホテルの裏を出たところにあるランドリーです。

thalia laundry
舗装されていない、ちょっと細い道に入っていくので、
最初は少~し勇気が必要かも知れません。

thalia laundry
でも、先に進むと、わりとしっかりした設備のお店があります。

thalia laundry
こんなトラックなんかもあって、手広くやってるのがわかります。


Super Laundry Service
super laundry service
ウブドのランドリー屋さん。
Kakiang Bungalow の目の前にあります。

super laundry service
ものすごい量の洗濯物ですね~。
だから、忙しい時には、「翌々日になります」と言われちゃいますよ。

super laundry service
ここのランドリーはとっても丁寧!
ブランド名などを、ちゃんとメモしてくれています。
これなら、他の人の物と紛れてしまうという心配もありませんね。


WARUNG LAUNDRY
warung laundry
昔はただのオープンなお店だったのですが、
ここ数年でしっかりしたお店に変貌しました。

しかも、お隣はビューティーサロンです。
洗濯物を出しに行くと、奥で色々やっているのが見られます。

warung laundry
こちらもトラックを持っていて、手広くやってます。


今のところ、どこに出しても、洗濯物がボロボロになるとか、
色が変わるとか、そんな目にあったことはありません。

ただ、こればっかりは、運だ!という人もいるので、
もしかしたらこれから、ぎゃふん!というような目に遭うこともあるのかも知れません。

その時にはまた、このブログでご報告しますけどね。


リゾートファッション考

jepun

某大手インターネットホテル予約サイト「アッ○ル・ワールド」をご存知でしょうか?
そのHPは、ホテルの予約ができるだけでなく、旅の情報なども満載なのですが、
その中の1つに、「マダムヨー○の辛口旅サロン」というコラムがあります。

そうそう、そうなのよ!という大きなうなずきを与えてくれるマダムの示唆に、
あたくし、最近すっかり心酔しておりますの。

たとえば!
「許せない客室 ベスト10」とか「旅のパッキング術」とか「トランジット活用法」とか。
書ききれないくらいのテーマがあるのですが、どれも明日からの旅に有用な情報で、
さらに笑いも忘れないという、ホント素敵なマダムなのですよ。

そのマダムの目指すところが、エレガントトラベラー「トラベジェンヌ」。
世界に出ても恥ずかしくない、いやむしろ世界の男性をメロメロにしちゃうような、
そんな旅先でのふるまいや服装などを提示してくれているのです。


で、リゾートファッション考 です。

珍しくホテルのダイニングを予約して、お洒落にカジュアルフレンチを楽しんだ夜。
有名レストランだもの、ホテルの外からもお食事に来られた方がたくさんいました。
その服装……
「愕然 」という言葉の意味を、身をもって知った瞬間です。

なんでTシャツに短パン?
 そりゃ~、Tシャツ1枚で何千円もするようなブランドもあるけど、それ、違うよね?
いや、たとえ何万円のTシャツだとしても、そのよれよれっぷりにズルズル短パンが許せないでしょ。

なんでリュックとウエストポーチ?
 しかも、食事中もず~っとウエストポーチしたままなの?なんで?
海外は置き引きとか危険だから?
でも、ホテルのファンダイニングで、しかも席を離れるわけでもないのに…。

なんでサンダルに靴下?
 寒いの?バリ、常夏ですけど。てか、寒いならフツーに靴でいいんじゃ?


リゾート地です。お店も、カジュアルフレンチと銘打ってます。
ドレスコードなんて、もちろんありませんよ。

でも!でも!でも!
 もうちょっとなんとかできるんではないですか~?  と言いたい!

だって、予約してきたんだよね?
バリで美味しいフレンチが楽しめるって、期待して楽しみにしてきたんでしょ?

お料理ってさ、もちろんそのものの味が一番大切だけど、
それって、お店の雰囲気にも左右されたりするじゃない。
だからみんな、お洒落なレストランとか景色のいいレストランとか選ぶんでしょ?

そうしたら、自分自身の雰囲気も大切にしましょうよ!
Tシャツ・短パンで食べてたら、家にいるいつもの食事と変わらなくなっちゃうよ。
ちょっとお洒落に襟つきのシャツくらい着てみたら、自然と背筋も伸びて、
気持ちもピッとするんじゃないかしら。

「お洒落なレストランで、お洒落な自分が、お洒落にフレンチを楽しむ」って、
自己陶酔して楽しんだほうが絶対いい!
旅先だもの。非日常だもの。いつもと違う自分を演出してもいいじゃない!

君たちのその服装は何だ~!せっかくの旅をもっと楽しめるような工夫をしろ~!
と、大声で叫びたかったッス。


ふう。
余計なお世話な話で、勝手に1人テンション上げちゃった。

これ読んで、「人のことは関係ないでしょ?失礼な話」って感じる人も多いかもしれません。
そんな方には、申し訳ありません。

でも、もしも、もしも、「そうね~、そうかもね~」って感じてくれましたら、
女子は、マキシワンピで可愛く!
男子は、アロハがいい~!! (←チョ~、個人的趣味)  ってことで、
目指せ!エレガントトラベラー!!



町ランドリー 考

実は…
というほどのことでもないのですが、町のランドリーを利用するのも、なんと16th渡バリで初めて!
今期渡バリでの2つめの挑戦! というところでしょうか。

そうなんです。挑戦なんですよ~。
皆さん、大げさだとお思いでしょうが、あたしもそう思います。
ホント、自分の堅さ加減に自分でもびっくりする思いです。

でもさぁ、噂で聞くじゃない?
白いTシャツがどどめ色になって帰ってきたとか、ゴムがビロビロになってたとか、
行方不明になちゃったとか。まあ要するに、無事に帰ってくるの?って不安がぬぐえない。  
それからあとは、ぼったくりとか?
多少高くてもいいから、安全・安心のホテルランドリーを利用していたってわけ。
(最終的にホテルから町のランドリーに卸されているとしても、それでも、
ホテルが利用しているっていう安心感が必要だったのよ~)

ところが、ウブドで泊まった Kakiang Bungalow ってば、ランドリーサービスがないのよ。
で、ホテルの前にあるランドリーをご利用くださいって言うの。
宿泊した方は皆さん、フツーにご利用されているようだし、
まあ、なんというか、「ホテルが利用」っていう安心感がないわけではない……
 …という逡巡の末、初!町ランドリー利用!に至ったというわけですね。

ubud laundry
ここが、ホテル目の前のランドリー屋さん。

で、どうだったか?というと、

   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓

たぶん、皆さんのご想像通りだと思いますが…

   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓

いや~、これまた今までの自分の偏見を大いに反省する内容でした! 
(ホント、わかりきった結果でしたね)
全然大丈夫じゃん!ちゃんといつも通り、いい匂いもしてるじゃん!
そして何より、マジ安いじゃん!

一番よく出すTシャツで比較すると
 ヴィラ価格  Rp38.000-
 ホテル価格(言っておくが、高級ホテルではない) Rp30.000-
  町 価格  Rp3.000~5.000

ん~、まるで大富豪であるかのように、お金を無駄遣いしてきたことがわかります。
(↑相変わらず大げさですが)

が、しかし!
 今後、町ランドリー命!となるかというと、そこはちょっとビミョ~ですな。

その理由は…
 *だって、たまたまここのランドリーが当たりだっただけなのかもしれないし、
 *そうそう都合良くホテル近くにランドリーがあるかもわからないし、
 *だいたい、洗濯物を出しに行ったり受け取りに行ったりするのって面倒くさくない?

 そう、意外にもあたくし jepun はお嬢様体質! 
ホテルでは部屋に置いておけば、勝手に持って行って持ってきてくれるから、
楽ちんでサイコーよね~って思うわけ。多少お高いのは、その分だと思えば納得もできるし。

なので、今後の方針はというと、
 *今までのようにまるっと無視するのではなく、「laundry」の看板は探してみよう。
 *で、ホテルの近くにあって、行き来が面倒くさくないようならお願いしてみよう。
 *でも、そこに労力を裂くのは面倒くさいし、時間ももったいないのでホテルで頼んじゃって全然問題なし~ 
 
 といった感じでしょうか。

せっかくリゾートにきているのに、あんまりセコセコしたくないしね。
……とか言って、パンツはしっかり手洗いして干しているし、タクシー代とかまじケチるし、
これはもうどこに重きをおくかってことでしかないのでしょうけどね。