2017.07 PERU 4 - CUSCO へ出発!

ペルー4日目。
4:30 起床である。

う~、早すぎて、つらいよ~~ 

朝食は、5:00 オープン。

el tambo
しかし、この時間帯は、パンとコーヒーしかありません。
(昨日は、ハムやチーズやフルーツなんかもあったんだけどね。)

el tambo
でも大丈夫!
こんなこともあろうかと、日本から持って来た雑炊が大活躍さ! 

若いときは好きな方だったのに、朝からパンって食べられなくなったわ~。
特に海外のはダメね。パサパサしてて、口の中の水分を持ってかれるから。

その点、雑炊はサイコーやね!
汁もの好きには2度美味しいよ!

5:25 お迎えの車がやってきて、空港へ向かいます。

jorge chavez ap
5:55 空港到着!
メッチャ混んでる~~ 

jorge chavez ap
空港スタッフに航空券を見せたら、並べって言われたんだけど、
片隅に自動チェックイン機があったので試してみた。

jorge chavez ap
成功!
荷物に付けるタグまで出てきました~。

再度さっきのスタッフに見せると、ファストレーンに入れてくれて、
20分ほどで、荷物の預け入れを完了いたしました。

ペルーの国内線の預け入れ荷物の制限が 20Kg で、それが結構厳しくて、
そのため、カウンターのところで荷物を出し入れしてる人が多くて、
そのせいで、どうやら混雑が加速してるな~という感じでした。


jorge chavez ap
チェックインカウンターのサイドにあるエスカレーターで2階へ。

jorge chavez ap
2階は結構広いスペースで、飲食店なんかもありました。

jorge chavez ap
こちらはフードコート。
ホテルの朝食には見切りを付けて、こちらでいただくという選択もありですね。

jorge chavez ap
普通にショップ

jorge chavez ap
山道具系の品揃えです。

jorge chavez ap
こちらはお土産屋さん。

jorge chavez ap
2つのお値段で3つ買えるって意味かな?

jorge chavez ap
コカ茶と、コカの入っているお菓子。
高山病に効くと言うから、ここからクスコに行く人が買うのかな?

jorge chavez ap
ペルーレイルのカウンターがあって、

jorge chavez ap
ここでチケットの予約も出来るみたい。
個人旅行者には、嬉しいですよね。

セキュリティは、そんなに混んでなくてスムーズ。
国内線だけど、ID として、パスポートの掲示が求められます。

ここで、最初のガイドさんから伝えられていた注意事項を確認!

1.カメラやスマホが消えてしまうことがあるので、
 セキュリティを通すときには、カバンの中に入れておくこと。
 (↑何これ!赤外線の箱は、まさに、ブラックボックス?  )

2.搭乗ゲートはちょくちょく変わるので、何度も確認すること。


jorge chavez ap
1の注意事項の真偽についてはわからないけど、2についてはまさに!で、
チケットにはゲート13 って書いてあって、座って待ってたら、
突然どこかから人が集まってきてゲートを通り始めて、
不審に思って確認したら、ゲート8 に変更になってた。

でもま、これもバリ島ではよくあることで、むしろ変更が表示されてる分マシかと。
つくづく、バリはあたしたちを鍛えてくれているなぁと思う… 

jorge chavez ap
新しい搭乗口で搭乗開始。

jorge chavez ap
今度こそのラン航空です。

jorge chavez ap
シンプルな機体デザインですね。

8:10 オンタイムでの出発。

機内サービスは、キャッシュで何かを買うのみ。
お水もくれないのよ。(ケチ!  )

いよいよ高地クスコに入ります!



スポンサーサイト

2017.07 PERU 4 - CUSCO 到着!

機内でウトウトしてたら、あっという間にクスコに到着!

飛行機を降りたら、そこはもう3400mの高地。
高山病にならないように!と思うと、ちょっとキンチョ~します。

cusco ap
飛行機を降りて、荷物のターンテーブルへ来て、
一番最初に目にしたのが FREE COCA の葉っぱ。

3つまでは持って行っていいらしいが、早速噛んだ方がいいのだろうか?


cusco ap
クスコの空港はとっても小さくて、ターンテーブルの向こうの出口が
もうすぐそのまんま外になっています。

誰でも入って来られちゃいそうな感じで、ちょっとビックリです。

この場所に流れている音楽は、フォルクローレ
それだけで、気分がアップするから不思議ですね。

cusco ap
ここでも、ペルーレイルのチケットを扱っています。
壁に貼ってあるお顔はなんでしょうか?

cusco ap
荷物を持って外に出たら、もう駐車場。

寒いです。
でも、日差しはキツイです。

余裕があったら、空港を出る前に日焼け止めを塗り直したかったです。
かろうじてサングラスを持っていて、セーフ!

標高が高いということはこういうことなんですね。
一気に太陽の側に近づいたんだと実感しましたよ。


cusco ap
到着を待っていてくれたガイドさんと一緒に空港を後にします。

cusco city
車から見たクスコの街並み。
街が茶色いんだよね~。家が茶色いからかな~?

cusco city
それとも、土地が茶色いのかな~?

cusco city
この日、アルマス広場で何かの集会みたいのをやっていて、
多くの人たちが集まっていたんだけど、そのためか、ポリスの姿も目につきました。

cusco city
町を歩くお姉さんたちの持っている布がカラフル~! 
昔ながらの物を、今も普通に生活に利用してるんですね~。

cusco city
右手に見えてきたのは、サント・ドミンゴ教会。
今日のお宿は、この脇の坂を上がったところにあります。

abittare
空港から30分。10:30 にホテル到着です。
中庭のあるとっても可愛いホテルでした 

abittare
中庭でチェックインを待っていると、スタッフがコカ茶を勧めてくれました。

abittare
これです!
お茶というか、コカの葉っぱを入れて、
お湯を注ぐだけなんだよね。

どんな味なんだろう?って思ってたけど、
 (あり子は、美味しくはないがクセになると言っていたが)
あたし的には、普通に飲みやすいお茶でした。

ていうか、味っていう味も、特徴的な匂いもほとんどしないしね~。
日本茶のように煎れる手間がない分、好きかもしんない! 

この後、出掛けるときにも水筒にコカの葉っぱとお湯を入れて持ち歩きました。

というのも、やっぱりなんか息苦しくってね~。
走らないように、はしゃがないようにしてても、普通に歩くだけで息が切れるからさ~。

苦しいっていうのは、こういうことなんだな~と。
喘息の人とかっていうのは、こういう苦しさを抱えてるのかしら?

そんな話を cicak としている間に、お部屋の準備が出来ました。
荷物を預けて街歩きだと思ってたので、これはラッキー!

とりあえず、ベッドで体を伸ばしたいところです! 



2017.07 PERU 4 - NUNA raymi でランチ

ホテルのお部屋に荷物を置いて、ちょっとだけ体を伸ばして、
クスコの街歩きに出発します。

ホントは寝たいところだけど、午後にも観光があるから、
自由に動けるのは今だけだ!と頑張って出掛けたのです。

でも、いきなりランチ! 
cicak が、腹が減って仕方がない!って言うもんでね…。

NUNA Raymi
nuna raymi
ネットで見つけて、候補にしてたお店。

nuna raymi
こんな小さな入口なので、一瞬見つからない?
と思ったらあったので良かった~ 

nuna raymi
階段を上がったところに、大きな看板はあったんだけどね。

nuna raymi
ただね~、どうも開店前だったみたいなんだよね~。
お客さんもいなければ、スタッフもいないという! 

でも、よく考えたらまだ11時だったんで、そりゃそうかって感じ。
むしろ、よく入れてくれたな~と、感謝しなければいけませんわ。


nuna raymi
奥から出てきたオーナーらしき人が、席まで案内してくれました。
途中、こんな渡り廊下みたいのを通っていくので、別棟みたいな感じ。

nuna raymi
当然、こちら側にも誰もいません。
(そして、気づけば電気も点いてませ~ん!)

nuna raymi
まずは、クスコのビール クスケーニャ で乾杯! 
CUZQUENA RUBIA   s/10.0-

nuna raymi
ワインも並んでるし、

nuna raymi
地ビールもあったりして気にはなったんだけど、
アルコールは高山病の原因になるって言うから、ガマンよ。
(オレはへーキー  とか言って、いつも通り飲んでるcicakが憎いわ!)

nuna raymi
窓の向こうには、歴史を感じさせる塔が見えます。

nuna raymi
遠くの丘に、文字が刻んである?
「EL PERU」って読めるのかな~?

nuna raymi
ENSALADA CAESAR CON POLLO & TOMATE Y TOCINO
鶏肉とトマトのシーザーサラダってところかな?  s/24.0-

nuna raymi
ALPACA BRICHERA MEDITERRANEA  s/38.0-
アルパカのお肉~ 

せっかくだから食べてみたくて、でも、ちょっとドキドキしながらだったんだけど、
これが意外に普通に旨い!言われなかったらわからないと思う!

臭くもないしね。それで言ったら、羊の方がクセがあるような?そんな感じ。

どっちの料理も美味しくて、この店当たりでしたよ! 
もしもクスコに行かれることがあったら、お勧めします! 


          Total  s/72.0-  + TIPS s/8.0-



2017.07 PERU 4 - クスコ街歩き

昼ごはんを食べ、お腹も落ち着いたところで、街歩きです!

cusco city
インカの街は、石畳と石組みの壁が特徴。

cusco city
インカ帝国時代に作られたものがそのまま残されているそう。


          ここでちょこっと!クスコガイド          

11世紀~12世紀頃、インカ帝国の首都として栄えた街が、ここクスコ。
クスコとはケチュア語でヘソを意味するそうで、まさに、インカ帝国にとっての「要」の場所。

その当時のクスコには、黄金で埋め尽くされた太陽の神殿〈コリカンチャ〉や、
太陽の処女の館も存在していたそうです。  (黄金!まさにエルドラドや~!)

ところが、16世紀には、スペイン人の征服者(コンキスタドール)により
街は征服され、金の像などを手当たり次第に略奪されました。

さらに、太陽の神殿〈コリカンチャ〉は、サント・ドミンゴ教会に
太陽の処女の館は、サンタ・カタリナ・修道院にと、改築されたのです。

その後、クスコ地方を3度の大地震が襲ったのですが、
後からスペイン人が建てた教会などが大きなダメージを食らっても、
土台となったインカの石組みはビクともしなかったんですって~。

おかげで、今も私たちが、その当時のものに触れることが出来るんですね。

                                


cusco city
街の中を通るのは、石で作られた細い道。

cusco city
カード会社の看板なのに、木で出来てる! 
街の雰囲気を壊さないように?やるな~。

cusco city
クスコ とは、中心地 としての 〈ヘソ〉 の意味の他に、
山に囲まれた へこんだ部分 って意味もあるんじゃないかな~?なんて思ったり。

cusco city
Catedral カテドラル

cusco city
その前の Plaza de Armas アルマス広場には、この人だかり! 
宗教的行事とかお祭りとかっていう雰囲気じゃあないんだよね~。
何だったんでしょう??

cusco city
細い道の中央 一段下がったところを車が通っていきます。

cusco city
石組みの壁を大切にしているからでしょうか?
お店やホテルの間口はとっても狭くて、奥に中庭を囲むようにして部屋があるんです。

ところで、インカ帝国当時、この石組みの壁は何のために作られたんでしょうか?
城壁だったの?
それとも、家がこういう石で造られたの??

調べてみても、石組みの素晴らしさとかはすぐ出てくるんだけど、
何のために造られたのかが書いてないんだよね~。

誰か教えて?


cusco city
複雑に組み合わされた大きな石たち。
これだけ見てると、日本のお城の石垣にもありそうじゃな~い?と思うが、

cusco city
これだけキレイにギッシリ積まれちゃうと、
負けたな  と敗北を感じる。
(張り合ってどうするんじゃい!ってところですが…  )

cusco city
人が立つと、石のサイズと壁の規模が伝わるでしょうか?

一説によると、宗教的に大事な場所とか、高貴な方がいる場所とかになると、
石のサイズが統一されて整った石組みになってくるらしいよ。


cusco city
とするとここは、まあ、積んであればよい的な場所でしょうか?
でも、こういう形が複雑なのにピッタリ!っていう方が凄いんじゃないかと思うけど。

cusco city
石組みと石組みの間の道も、当然石組み。
中央に水が流れるための窪みを造ってるのがさすが!

cusco city
そしてこれが噂の12角の石だ!
何故わざわざこんな形で組み合わせたのかは、諸説あるようで、謎のまま。

cusco city
そしてこれが、14角の石だ~!
12角と違って小さいし、日本人以外メジャーじゃないのか、探すのに苦労したよ。

cusco city
アップにするとこんなんね。
でも、これはインカ時代の物ではないという説が有力。

だから、日本人以外には見向きもされないみたいだけど、
テレビでやってたからね~。やっぱり気になるところだよね~。


cusco city
中心部から山に向かってなだらかに広がるクスコの街。
郊外にも、インカ時代の建造物が数多く残ってるらしいですよ。



2017.07 PERU 4 - クスコ 観光ツアー出発!

ツアーに含まれるクスコ市内観光ツアー(英語ガイド付き)は、
13:30 ホテルロビー集合です。

cusco city
ガイドさんから渡されたチケット。
これを持って、出発だ!

cusco city
バスに乗って着いたのは、アルマス広場。
いや、さっきまでここにいたんだけどね… 

Iglesia de la Compania de Jesus
ラ・コンパニーア・デ・ヘスス教会
cusco city
下車観光なので、外から見るだけ~。

cusco city
ふたつの鐘楼が目印となります。

cusco city
とっても立派ですよね~。
ガイドブックに「壁画や祭壇は一見に値する」とあるから、ちょっと残念。

Catedral カテドラル
cusco city
入場観光するのは、カテドラル (これは夜に撮った写真)
サクサク裏側の入口に行ってしまったので、全体の写真を撮る暇がなかったのよ。

そして、悲しいことに、カテドラル内部の写真撮影は、全面禁止!

銀300トンを使った祭壇とか、
クスコ名物のクイ(テンジクネズミ)が描かれた最後の晩餐とか、
褐色の肌のキリスト像とか、
写真におさめられないのは、とってもとっても残念でした。

そして!英語のツアーガイドのおばさんがインパクト大!
てか、説明が長いんだよね~ 

英語の説明だから、あたしたちが飽きるのは仕方ないとして、
英語を理解している他の人たちも飽きてたよ!
明らかに、うんざりしてたよ!

だって、説明長いんだもんっ!

他のガイドのツアーは、次々と回っていくのに、
なんであたしたちだけ座って話を聞かなきゃいけないのよ~!

でもって、クスコ愛が強すぎる!!
フルーツもイモも、紫檀も、なんとかもかんとかも、全てが From クスコ~ 

絵を見れば、これは、From クスコ~!
像があれば、これは、From クスコ~!
変わった装飾があれば、これは、From クスコ~!

ホントマジで、飽きたんだって~ 
 (このガイドさんと離れて回ることは出来ないんです…)

なんかこの時点で、ツアーにグッタリし始める2人…